2018年03月31日

ご予約/個人セッション情報(2018年4月2日20時25分現在)

【個人セッションのメニュー】

◆オープンパス・メソッド(内容、回数、応相談) 13000円/90分(* オープンパス・メソッド・ボディワーカーの場合 11000円/90分)
◆シン・インテグレーション 13000円/90分(基本10セッション、トライアル・セッション、メンテナンス・セッション、ポスト10セッション)
◆クラニオセイクラル・ワーク 9000円/60分


【場所】

西新宿(オープンパスメソッド身体教育研究所/最寄駅:大江戸線 都庁前駅、京王新線 初台駅、JR 新宿駅)
* 詳しくは、ご予約が決まりました後にお知らせいたします。


【ご予約可能な日時枠】

(2018年)
4月6日(金)13:30〜15:00
4月10日(火)16:00〜17:30
4月12日(木)16:00〜17:30
5月15日(火)16:00〜17:30


【ご予約方法】

ご予約お申込みは、必要事項をご記入の上、http://openpath.sakura.ne.jp/contact/contact.php (優先)にお願いいたします。
「内容」には、「小川個人セッション予約」とご明記の上、ボディワーク・セッションを希望される理由・目的をご記入ください。

* 2日以内には、確実にご返信差し上げます。3日以上、小川もしくは他スタッフから返信がない場合、ご送信くださったメールが届いていない場合がありますので、再度ご連絡いただければ幸いです。→ openpath@hotmail.com


**************************

斎藤瑞穂氏3作目の著書である『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

2018年03月30日

2018年03月29日のつぶやき



posted by baucafe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇ツイート

2018年03月29日

カンタン!深部−筋膜リリース講座 第5回(4/6) 単発参加者募集!

カンタン!深部−筋膜リリース講座 第5回(4/6) 単発参加者を募集いたします。

第5回のカリキュラムは、恥骨筋、長内転筋、大内転筋の筋膜リリースです。
これらの筋肉は、内転筋群に含まれます。浅部で触れることができますが、部分的に深部に隠れていて、リリースしにくい筋肉です。

初心者の方々でも簡単に習得できる内容になっています。ワンランク上の筋膜リリースを、この機会に自分のものにしてください。

参加費は3500円です。
内容、会場、お申し込み先など、詳しいことはこちらをご覧ください。


**************************

斎藤瑞穂氏3作目の著書である『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

2018年03月28日のつぶやき



posted by baucafe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇ツイート

2018年03月28日

LRテクニックは、リラクゼーション向きではない?

動画では、第2期インテグレーティブワーカー養成トレーニング第6回にて、LRテクニックを用いて、頸部の疼痛解消のデモンストレーションを行っています。

LRテクニックでは、疼痛解消を行う際に、姿勢や肢位を調整することで、膜の張力を変えますが、そうすると、痛みがあるはずの部位が無感覚になります。気持ちよさもありません。
痛みは簡単に取れるのですが、気持ちよくないので、LRテクニックはリラクゼーション向きではないという声が・・・




**************************

斎藤瑞穂氏3作目の著書である『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

2018年03月27日のつぶやき



posted by baucafe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇ツイート

2018年03月27日

衣服の扱い、タオルワークなど/対象は「個人」

第2期インテグレーティブワーカー養成トレーニング第4回の授業風景。
斎藤瑞穂講師がクライアントの衣服の扱い方、およびタオルワークについて説明しています。
筋膜リリースを行うときにも、他の施術のときにも、これが上手くできているか否かで、結果がだいぶ異なってきます。

特に、「個人」に対するケアができていないと、手技が上手くでも、良い結果は出ません。
手技は身体部位、身体組織に対して使いますが、対象は「個人」であることを忘れずに!




**************************

斎藤瑞穂氏3作目の著書である『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。