2018年10月13日

内臓操作

第2期インテグレーティブワーカー養成トレーニングでは、LRモデルに基づく内臓操作をお伝えしました。
LRモデルに基づく内容なので、内臓操作とは言っても、各内臓の働き自体を対象とするのではなく、「膜連続体」の部分として扱う方法です。

内臓を筋骨格系と連続する構造物として捉えると、私たちボディワーカーのできることはかなり多くなります。

内臓は、その状態によって姿勢や身体運動に大きな影響を及ぼします。
その膜環境に歪みがあると、バレエのピルエットや投球のコントロールが上手くいかなくなったり、立位や歩行のバランスが崩れやすくなったりと、パフォーマンスが低下してしまいます。

動画はいつものように「ヒモ付け」されています。
興味をお持ちの方は、動画終了20秒前から、画面のコーナーに、続く動画が現れますので、そこをクリックしてみてください。
全部で11動画あります。





**************************

2019年単発セミナーのお知らせ/長野・仙台・群馬セミナー
出張セミナー、無料セミナーから始めます/長野・仙台・群馬セミナー
こんな悩みを解消するセミナーです/長野・仙台・群馬セミナー

斎藤瑞穂氏3作目の著書である『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

2018年10月12日のつぶやき








posted by baucafe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇ツイート