2018年10月15日

触察テクニックを重視

オープンパス・メソッド(R)では、触察テクニックを重視しています。

オープンパス式触察は、それ自体が効果的なリリーステクニックとなり得ます。
精確であるだけでなく、対人的な配慮(ポジショニング、ホールディング、圧調整、注意分散といった、触察される者への気遣いなど)を行うことで、それが可能となります。

また、触察力があれば、多くの徒手テクニックを有効に用いることができます。
効果が倍増するテクニックとしては、ファシャワーク(注1)、インテグレーティブワーク(注2)、筋膜リリース、マッスルエナジーテクニック、ポジショナルリリーステクニック(ストレインカウンターストレインなど、ポジショニングを用いるテクニック全般)などが代表的なものでしょうが、その他にも多くのテクニックを「下支え」します。

(注1)オープンパス・メソッド(R)の1テクニックで、筋膜(ファシャ)を対象に操作を行います。
(注2)オープンパス・メソッド(R)の統合的テクニックで、私たちの中枢から抹消までを対象に操作を行います。



**************************

2019年単発セミナーのお知らせ/長野・仙台・群馬セミナー
出張セミナー、無料セミナーから始めます/長野・仙台・群馬セミナー
こんな悩みを解消するセミナーです/長野・仙台・群馬セミナー

斎藤瑞穂氏3作目の著書である『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

2018年10月14日のつぶやき




posted by baucafe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇ツイート