2018年11月26日

自転車の法則

技術を習ったばかりだと、努めて技術に集中しないとならない。
自分が技術に使われている感じで、技術が9、自分が1くらいの割合でこなしている。
それにほんとは、「こなしている」のかあやしいし、技術の9はダメダメだし、自分の1はお世辞にも「個性」とは言えない。
ところが3年もすれば、技術が2か3、自分が7か8までになってくる。
その先は、個々に年数に違いはあるかもしれないが、技術が限りなく0に近づいていく。
言ってみれば、技術と自分が1つになる(合体する)という現象が起こる。

昨日のセミナーでそのことを話したら、それは「達人」の話だと言われた。
いえいえ、それは「自転車の法則」です。
最初は、ハンドルに手をかけ、サドルに腰をかけ、ペダルに足をかけと、1つずつ注意を向けないと、乗るところまで行かない。
でもそれでは、近所のお店に買い物にさえ行けない。
ところが反対に、買い物に行けるくらいになったら、ハンドルなんかに注意は向かない。

技術が身についていないと、それにばかりに注意が向いて、前からクルマが向かってきても、ハンドルが切れない。
ワーキングメモリに負荷がかかり過ぎていて、臨機応変に対応できない。
私たちボディワーカーは、技術ばかりを気にしていると、クライアントのことが見えてこない。

しかし、心配はいりません。
練習すれば、いずれは自転車に乗れるようになります。
それが「自転車の法則」です。
「達人」? そんな考えは放っておきましょう。


**************************

斎藤瑞穂氏3作目の著書である『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

posted by baucafe at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇徒然日記

次回は実技試験!/第11期ファシャワーカー養成トレーニング第13回

11月25日、第11期ファシャワーカー養成トレーニング第13回が開催されました。
第14、15回は、実技試験ですので、今回が実質上の最終カリキュラムとなります。

実技試験の内容は、お招きしたクライアントの方々や試験官に対してファシャワークトレードマーク(TM)・セッションを行うというものです。
今回は、その実技試験を模した形の授業を行いました。

カウンセリングで主訴を聴取し、姿勢分析を行い、クライアントと話し合いながら目標設定をし、ハンズオンに入るという流れの中で、必要と思うアドバイスを行いました。

主に、身体部位どうしを関係性の中で捉える観点、エンドフィールの捉え方、適切な手技の用い方などをお伝えしました。


ファシャ11−13−1.JPG

ファシャ11−13−2.JPG

ファシャ11−13−3.JPG

ファシャ11−13−4.JPG

ファシャ11−13−5.JPG


**************************

斎藤瑞穂氏3作目の著書である『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

2018年11月25日のつぶやき








posted by baucafe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇ツイート