2018年12月14日

2018年12月13日のつぶやき



posted by baucafe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇ツイート

2018年12月13日

上・下双子筋、内閉鎖筋、大腿四頭筋の触察実習/第13回パルペーション・インテンシブセミナー第11回

三日間の高熱の影響でしょうか、まだ頭の中にモヤがかかっている感覚です。
ですが前回に引き続き、12日、第13期パルペーション・インテンシブセミナー11回にて、触察デモンストレーションをさせていただきました。
上・下双子筋、内閉鎖筋、大腿四頭筋の触察デモンストレーションでしたが、常より「饒舌」だったかもしれません。笑
いつもの私の話しぶり(うるさい?)を知っている方々は、「どれだけ?」と思うでしょうが、まあ、よろしければ、後ほどYouTubeをご確認ください。
今回もテキストは斎藤が作成し、そのテキストに則って、斎藤が各筋肉の説明を行いました。

13パルぺ11−1.JPG

13パルぺ11−3.JPG

13パルぺ11−4.JPG

13パルぺ11−5.JPG

13パルぺ11−6.JPG


**************************

斎藤瑞穂氏3作目の著書である『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

2018年12月12日のつぶやき


posted by baucafe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇ツイート

2018年12月11日

2018年12月10日のつぶやき


posted by baucafe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇ツイート

2018年12月10日

わけのわからない高熱

三日間、わけのわからない高熱を出しました。しかも、今日は最高値を記録したのですが、この時間(22時10分)に、平熱に戻りました。

風邪かインフルエンザ以外で高熱を出したのは、小学生のときの「臨海学校」という行事以来のことです。そのときの高熱は、「初めてのお泊り」で緊張したせいだと思います。というか、大人たちにそう言われた記憶があります。
「臨海学校」で、二晩眠らずに私を看病してくださった保健の先生の顔を、今でもはっきりと思い出せます。

さて、昨日はその高熱の中での触察復習会だったのですが、参加者の皆さんは、たいへん熱心に触察の復習に取り組まれていました。
詳しくは、斎藤さんがブログにアップされているので、そちらをご覧ください。
私は画像をアップしておきます。

また、動画を撮りましたので、そちらは後ほどYouTubeにアップします。


触察復習会1.JPG

触察復習会2.JPG

触察復習会3.JPG

触察復習会4.JPG

触察復習会5.JPG


**************************

斎藤瑞穂氏3作目の著書である『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

2018年12月09日

【参加者募集!】お待たせいたしました!「筋膜リリース コツのコツ」セミナーを開催いたします!

来年1月27日、2月17日、2月24日と、3回に渡って「筋膜リリース コツのコツ」セミナーが開催されます。

斎藤瑞穂著『初心者を上級者に変える 筋膜リリース コツのコツ』をベースに、効果的な筋膜リリースを行うために必要な知識をお伝えしていきます。
今回のカリキュラムには、4つのテーマを中心に、本には掲載されていない情報も含まれています。

4つのテーマは、以下のとおりです。
◇重力と固有受容器の利用法
◇筋膜の生理学
◇筋膜の不具合の見つけ方
◇触察を利用したリリースの練習


下の動画は、前回開催の「コツのコツ」セミナーの授業風景です。
筋膜は、浅筋膜、深筋膜、筋筋膜というように重層構造になっています。
効果的な筋膜リリースを行うためには、筋膜ごとに圧のかけ方を調整する必要があります。




詳しい内容、お申し込みなどは、斎藤瑞穂氏のブログ記事をご覧ください。


**************************

斎藤瑞穂氏3作目の著書である『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

2018年12月08日のつぶやき




posted by baucafe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇ツイート