2019年01月23日

2019年01月22日のつぶやき




posted by baucafe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇ツイート

2019年01月22日

2019年01月21日のつぶやき



posted by baucafe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇ツイート

2019年01月21日

腹腔の探索/ボディワーク講習会

1月18日、「腹腔の探索」というタイトルでボディワーク講習会を開催しました。
何を触察すると決めないで、参加者の方々(の身体の状態)に合わせて探っていく予定でしたので、「探索」としました。

最初は「手慣らし」ということで、参加者(オープンパス・メソッドレジスタードマーク・ボディワーカー)の方々にとっては容易に触察できる腸腰筋を対象にしました。
触察のデモンストレーションは不要と思ったので、各自の方法で行っていただきました。
どなたも、起始(脊柱)から停止(小転子)まで、全長を丁寧に触察されていました。


腹腔の探索@.JPG

腹腔の探索A.JPG


次は、腹部の硬い方が数名いらしたので、「扉を開ける」という触察&リリース・テクニックを行いました。腸骨稜に沿って外唇で外腹斜筋、中間線で内腹斜筋、内唇で腹横筋を捉えていくテクニックです。1枚ずつ腹筋を触察することで、腹壁全体の緊張が解消されていきます。


腹腔の探索B.JPG


3番目の対象は、肝臓と胃でした。肝臓と胃の感触と動きを比較していただきました。横隔膜への影響で、呼吸が楽になる感覚を持った方もいらしたようです。


腹腔の探索C.JPG


4番目は、小腸、腸間膜、腸間膜根を対象にしました。この触察テクニックで、どなたも腹部全体の緊張がかなり解消されたようです。


腹腔の探索D.JPG


5番目は、大腰筋と腎臓との関係を手技で探りました。大腰筋と腎臓の連動を捉えることが少し難しかったようですが、最終的にはどなたも感得することができたようです。


腹腔の探索E.JPG


最後に、腹腔内の臓器(筋肉も含めて)を触察する際の注意点をお伝えして終了しました。

腹腔に進入する際には、注意深く手技を使わなければなりません。
オープンパス式の触察では、指先の動きをできるだけ抑制しますが、対象が腹腔であればなおのことです。
浅部から深部まで細かく、各層と「対話」するような感覚で進入していきます。ただし、指先で対話するのではなく体重を使います
そしてこのとき、決して寄りかからず、手技と腹部の接点を自身の支持基底面にしてしまわないように注意します。膝を折り、腰を落とし、自身を重くすることで「接点」を変えていくのです。


**************************

斎藤瑞穂氏3作目の著書である『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

2019年01月20日

2019年01月19日のつぶやき




posted by baucafe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇ツイート

2019年01月19日

ダイアフラムリリーステクニック

オープンパスでは現在、月に1、2回のペースで、ボディワーク講習会を開催しています。
明日、今月2回目の講習会を開催する予定で、斎藤瑞穂氏が講師を担当します。

参加予定の皆様は、もしかすると斎藤氏オリジナルのテクニックを体験できるかもしれません。
講習会でお伝えする予定のテクニックを、私を相手に確認する中で使っていたので、多分、お伝えするつもりなのでしょう。

「ダイアフラムリリーステクニック」と言って、タッチはクラニオセイクラルセラピーに近いのですが、効果はより明確に感じられます。
全身の関節が開く感覚、脱力する感覚が素早く起こり、大変に心地よいです。

近いうちに「ダイアフラムリリース」のセッションを受けたいというと、セッションで使っているけれど、メニューには入れていないと言うので、ぜひメニューに入れてくれるようお願いしました。


**************************

斎藤瑞穂氏3作目の著書である『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

posted by baucafe at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇徒然日記

2019年01月16日

ご予約/個人セッション情報(2019年1月23日0時現在)

【個人セッションのメニュー】

◆オープンパス・メソッドレジスタードマーク(内容、回数、応相談) 13000円/90分(* オープンパス・メソッドレジスタードマーク・ボディワーカーの場合 11000円/90分)
◆シン・インテグレーション 13000円/90分(基本10セッション、トライアル・セッション、メンテナンス・セッション、ポスト10セッション)
◆クラニオセイクラル・ワーク 9000円/60分


【場所】

西新宿(オープンパスメソッド身体教育研究所/最寄駅:大江戸線 都庁前駅、京王新線 初台駅、JR 新宿駅)
* 詳しくは、ご予約が決まりました後にお知らせいたします。


【ご予約可能な日時枠】

(2019年)
2月8日(金)11:00〜12:30
2月14日(木)16:00〜17:30
2月25日(月)16:00〜17:30
2月28日(木)16:00〜17:30
3月5日(火)11:00〜12:30
3月6日(水)11:00〜12:30
3月12日(火)16:00〜17:30
3月15日(金)11:00〜12:30
3月20日(水)18:30〜20:00
3月22日(金)16:00〜17:30
3月25日(月)16:00〜17:30、18:30〜20:00
3月28日(木)16:00〜17:30
3月29日(金)13:30〜15:00


【ご予約方法】

ご予約お申込みは、必ずhttp://openpath.sakura.ne.jp/contact/contact.php にてお願いいたします(必要事項をご記入の上)。
「内容」には、「小川個人セッション予約」とご明記の上、ボディワーク・セッションを希望される理由・目的をご記入ください。

* 2日以内には、確実にご返信差し上げます。3日以上、小川もしくは他スタッフから返信がない場合、ご送信くださったメールが届いていない場合がありますので、再度ご連絡いただければ幸いです。再送の場合は→ openpath@hotmail.com


**************************

斎藤瑞穂氏3作目の著書である『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

「筋膜リリース コツのコツ」セミナー 参加者募集中!

「筋膜リリース コツのコツ」セミナーの内容は、斎藤瑞穂著『初心者を上級者に変える 筋膜リリース コツのコツ』をベースに作られています。
今回で4回目となりますが、回を重ねるごとに、新たな情報、テクニックを盛り込んでいます。
まだ席がありますので、下記のカリキュラムをご覧になって興味を持たれた方は、ぜひご参加ください。

下の動画は、2018年に行われた「コツのコツ」セミナーの講義風景です。
筋膜リリースを効果的に行うためには、筋膜をどのように捉える必要があるのか、手技をどのように用いればよいのか、斎藤講師がデモンストレーションを通し、順を追って、具体的に説明しています。





「筋膜リリース コツのコツ」セミナー 全3回 日曜日集中コース

第1回 1月27日(日)10:00〜17:00(休憩1時間含む7時間)
 午前のテーマ:セッションの成果を高めるためにワーカーがすべきこと
 午後のテーマ:触察と筋膜リリースを利用した「ポジショニング」の作り方

第2回 2月17日(日)10:00〜17:00(休憩1時間含む7時間)
 午前のテーマ:筋膜の捉え方と圧の使い分け、筋膜リリース
 午後のテーマ:浅筋膜のリリース、および筋膜の硬縮、癒着、短縮の見つけ方

第3回 2月24日(日)10:00〜17:00(休憩1時間含む7時間)
 午前のテーマ:コンパートメントリリース(触察練習を含む)
 午後のテーマ:全身リリースのためのリリース構成(どこから始めるか、どのテクニックでリリースするか。45分間のセッションを想定)

会場:オープンパスメソッド身体教育研究所(西新宿、都庁近く)
参加人数:4〜10名(4名以上で開催)
講師:斎藤瑞穂 小川隆之

受講料:
◇3日連続参加/1日16000円×3 合計51840円(消費税8%含む)
お申し込み締め切り:1月20日
◇単発参加/1日18000円 合計19440円(消費税8%含む)
お申し込み締め切り:各開催日の7日前まで

お申し込み先:openpath.sakura.ne.jp/contact/contact.php
に必要事項をご明記の上、お申し込みください。
タイトル「筋膜リリース コツのコツ」を忘れずにご記入ください。

*24時間以内に返信がない場合には、メールが届いていない可能性が非常に高いです。ご面倒ですが、再度のお問い合わせをお願い申し上げます。