2019年05月28日

全ての物事は途上にある/LRモデルトレードマーク(TM)について(1)

LRモデルトレードマーク(TM)に関するご質問をいただく度に、YouTubeのチャンネル「一般社団法人オープンパスメソッド協会 ボディワーク・セミナー動画集」から、関連する動画を紹介いたしております。

LRモデルトレードマーク(TM)に関して、今後、こちらのブログに少しずつ書いていこうと思います。
今回はその第1弾となります。


「全ての物事は途上にある」
これは、私の世界観ですが、LRモデルトレードマーク(TM)の根幹を成す思想でもあります。

LRモデルトレードマーク(TM)では、「途上性」を身体現象の本質と考えます。
身体に起こる全ての現象は、固定されず、定まらず、変化の過程にある。
LRプラクティショナートレードマーク(TM)は、そのように捉えます。

姿勢に関して言えば、私は、「姿勢はない」と繰り返し発言し、ときに物議をかもしたこともありますが、少し穏当な言い方をすれば、「姿勢は固定されたものではない」ということです。

LRモデルトレードマーク(TM)のLとRは、左と右のことです。
私たちの重心は左から右、または右から左へと移り変わっていきます。
もちろん、それに伴って身体構造(「構造」と言うと、何か固定的な響きがありますが・・・)も変化します。





**************************

触察セミナー情報です。オープンパスの触察セミナーへぜひご参加ください。

斎藤瑞穂氏3作目の著書である『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

posted by baucafe at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | LRモデル