2019年07月18日

触察ベーシック1がスタートしました。

7月17日、触察ベーシック1水曜日クラス第1回が開催されました。
今回のカリキュラムは、「頭頚骨部の触察」でした。

授業は、以下のような手順で進めました。
1.外後頭隆起、最上項線、上項線、下項線、前頭結節、眉間部などを触察することで頭蓋全体の形状を把握する。
2.縫合部を触察することで、頭蓋骨どうしの連結を知る。
3.頸椎棘突起、横突起、関節突起の触察を通して頸部全体の組み立てを知る。


また、単に骨部に触れ、骨指標をとるだけでなく、骨どうしの連結を知ることができるように、以下のような体験もしていただきました。
筋膜を介さず、噛み合った歯車が連動するような、骨部だけの繋がりで、身体が変化する体験をしていただきました。
1.前頭結節を特定方向へ圧する→下顎骨の位置が変わる→口腔の広さが変わる。
2.側頭骨に働きかける→腸骨の前後傾が変わる→重心が移行する。
3.1箇所の椎間関節を動かす→頸部の構造が変わる→痛みがある場合は痛みが消える。



**************************

触察セミナー参加者募集中です!
オープンパスの触察セミナーへぜひご参加ください。

小川隆之の個人セッション・触察クラスのお申し込みは、
こちらからお願いいたします。

斎藤瑞穂の個人セッションのお申し込みは、
こちらからお願いいたします。

斎藤瑞穂氏3作目の著作『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

2019年07月17日のつぶやき


posted by baucafe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇ツイート