2014年12月20日

横のライン下半部のリリース/ボディワーク入門講座

12月19日、よみうりカルチャー恵比寿主催「ボディワーク入門講座」(講師:斎藤瑞穂、小川隆之)が開催されました。
今回のテーマは「横のライン下半部のリリース」でした。

今回は前回の続きということで、まとまった講義は行わず、実習とその手順説明という内容になりました(横のラインについての解説は、前回行いました)。

最初に斎藤講師の指導でセルフ・リリースを行いました。
大転子周囲(大転子に付着する筋群)の筋膜リリースから始め、腸脛靭帯、腸骨筋まで、時間をかけて行いました。
腸骨筋の筋膜リリースでは、ムーブメント・ワーク(というより、オープンパス・メソッド(R)のソマティカルワークに近い内容となりましたが)の要素を取り入れて、筋膜組織の伸長だけでなく神経系の変化を狙ったものとなりました。
ただし、神経系に関する説明は行わず(専門的になりすぎるので)、その効果を体験していただく(カルチャー講座では、それが大事だと思っています)だけに留めました。

斎藤講師のムーブメント・ワーク(ソマティカルワーク)を受けた経験のある方はご存じでしょうが、ワーク前後の差異(ビフォア/アフター)には、かなり驚かされます。
今回は、セルフ・ワークの形を取りましたが、セッションの中で実際に行うテクニックに近い内容を「セルフ用」にまとめ上げたものです。
行ってみて、必ず効果があると思います。
受講生の方々は、ぜひご自分で試してみてください(できれば繰り返し)。

最後にペア・リリース(ペアでの筋膜リリース実習)を行いました。
大転子周囲の筋膜リリースから始めて、中臀筋、大臀筋、大腿筋膜張筋、腸脛靭帯に働きかけました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/107312966
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック