2015年08月08日

セルフ・リリース/よみうりカルチャー恵比寿主催「気軽に出来る筋膜ケア」

8月7日、よみうりカルチャー恵比寿主催「気軽に出来る筋膜ケア」(講師:斎藤瑞穂、小川隆之)が開催されました。

今回は、セルフ・リリースによって筋骨格系と内臓系に働きかけました。
筋骨格系と内臓系とでは、「効き方」が違います。
受講生さんからも、そのような感想をいただきました。

また、今回のセルフ・リリース・テクニックでは、ツールは手技だけでなく、ペットボトルを使ったりしました。

セルフ・リリース・テクニックを実演する斎藤講師
カルチャー3.jpg

ペットボトルを使ったリリース・テクニック
カルチャー4.jpg

今回、対象となった部位は(すべて名をあげて行ったわけではありませんが)、頭長筋、頸長筋、前鋸筋、腹直筋、腰三角、股関節、臀筋群、縦隔、肝冠状間膜、肝鎌状間膜、腹大動脈、外腸骨動脈、臓側&壁側腹膜群などです。

肝冠状間膜と肝鎌状間膜については、前日のファシャワーカー養成トレーニングでも、イーズポイントリリーステクニックの対象にしました。
今回は、単純な筋膜リリースで働きかけたのですが、テクニックは違っても、かなり強力に反応します。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/160686740
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック