2015年11月13日

第9期オープンパス認定ファシャワーカー養成トレーニング第21回

11月12日、第9期オープンパス認定ファシャワーカー養成トレーニング第21回(講師:斎藤瑞穂、小川隆之)が開催されました。


今回は、受講生の皆さんからのご質問、ご希望に応じて、2つの実習を行いました。
1つは、浅筋膜に対する効果的なタッチを習得するための実習です。
浅筋膜操作で最大の効果を得るためには、軽微なタッチを用いる必要があります。
浅筋膜を下層にある組織から解放し、効率よく滑走させるためには、下層に伝わる手技圧の影響を最小限に止めなければならないからです。

そして、浅筋膜に対して効果的に働きかけるためには、正確なリスニング(傾聴)が必要です。
正確なリスニングを行うためには、(いわゆる)「こころ」ではなく「からだ」を用いなければなりません。
「こころ」が聴こうとするのではなく、「からだ」が聴き取るのです。
リスニングの手技は、筋反射的なもので、それを用いると瞬時に答が得られます。
「こころ」の発動を待って動くというのでは、私たちの行うこと、私たちの働きかけは、不正確で、偏ったもの、かつタイミングを逸したものとならざるを得ません。

実習を行う前に、上記のことを踏まえて浅筋膜操作のデモンストレーションを行ったのですが、その内容が受講生の皆さんを混乱させたかもしれません。
ファシャワーカー養成トレーニングでは、浅筋膜操作の「規則性」をお伝えするのですが、私がデモで行ったことは、全くの「規則破り」だったからです。

今後、リスニングの力が身につくほど、受講生の皆さんも、「規則破り」を行うことでしょう。
混乱したら取り敢えず、お伝えした「規則」に戻ってくださるようにお伝えしました。
戻れば(規則に従えば)、最低でも8割くらいの「成功」を得ることができると思います。


もう1つは、深部筋膜に対して働きかける実習です。
特に、痛みを解消するための方法を練習しました。
筋活動を用いて神経系も同時に改善するテクニックと、ストレッチを利用して物理的な解放を起こそうとするテクニックの2つを練習しました。
その練習の中で、結果として、骨盤(仙腸関節)の調整法や、末梢神経リリース法などもお伝えすることになりました(ファシャワーカー養成トレーニングのレベルを超えている内容のものですが・・・)。


f9-21-1.jpg

f9-21-4.jpg

f9-21-2.jpg

f9-21-3.jpg


**************************

第11期オープンパス認定パルペーション・トレーニング
開催日時:日曜日 10:00−17:00/2016年2−6月(全15回)
会場:オープンパス・オフィス(東京都新宿区西新宿4−32−4)
講師:小川隆之、斎藤瑞穂
詳しくはこちら↓をご覧ください。
http://baucafe.sblo.jp/article/167029159.html

「一から始める触察解剖学」
開催日時:水曜日の夜間(19:00−21:00)
会場:オープンパス・オフィス(東京都新宿区西新宿4−32−4)
講師:斎藤瑞穂、小川隆之
全8回参加の方/1回6000円、48000円+消費税
単発のご参加も可能。日時、金額の詳細はこちら↓でご確認ください。 
http://rolflingopenpath.sblo.jp/article/164099027.html

よみうりカルチャー恵比寿「気軽に出来るボディワーク」
開催日時:第1、第3金曜日 19:00−21:00
会場:アトレ恵比寿7F よみうりカルチャーセンター
講師:斎藤瑞穂、小川隆之
お問い合わせ先:よみうりカルチャー恵比寿
http://www.ync.ne.jp/ebisu/center.html
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/167678468
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック