2017年08月11日

姿勢概念を革新する

「背スジを伸ばすのがよい」とか「少し猫背であるほうがよい」とか「巻き肩くらいがよい」などと、姿勢についての意見や考え方は、時代や世代と共に移り変わっていきます。
振り子が振れるように、前の世代が主張したことを次の世代が否定して、また次の世代がそれと反対のことを主張して、というように延々と「主張合戦」が続いていきます。

オープンパス・メソッド(R)では、どんな姿勢であろうと(背スジを伸ばそうと、猫背であろうと)固定された姿勢を保とうとすることこそがよくないと考えます。

「姿勢は固定していない」「姿勢を固定しようとしてはいけない」というのが、オープンパス・メソッド(R)の主張です。

「姿勢概念そのものを革新しなければならない」
オープンパス・メソッド(R)ではそう考えます。


【姿勢概念の革新に関わる3動画】







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180624456
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック