2018年02月01日

触察セミナー初回、腱の触察を指導

パルペーション・インテンシブセミナー 基本練習 第2弾です。
骨に続いて腱の触察実習です。

「触察は難しい」と思われがちですが、基本から入っていくと、そうでもありません。
また、はじめは解剖学の知識もそれほど必要ないし(身体の中には、骨だの腱だの筋肉だのがある、くらいの知識で十分です)、はじめから完璧に触れられるわけはないのですから(触れられるのであれば、習う必要はないですし)。

今回は、筋肉に引っぱられているときの腱と引っぱられていないときの腱との硬さの違いを感じ取ったり、腱から筋肉への移行部や骨から腱への移行部を鑑別したり、といった実習を行いました。
動画では、そのためのデモンストレーションを行っています。



**************************

◇2月16日、カンタン!深部−筋膜リリース講座 第2回が開催されます。筋膜リリースに興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください。
カンタン!筋膜リリース講座(全6回)の情報はこちらです。

◇2月23日、筋膜リリース復習会を開催します。参加費無料ですので、気軽にご参加ください。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182293999
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック