2018年04月10日

長内転筋の筋膜リリース2種

動画では、「カンタン!深部−筋膜リリース講座 第5回」にて、小川隆之と斎藤瑞穂がそれぞれに、長内転筋の筋膜リリースのデモンストレーションを行っています。
小川は付着部から牽引する方法を、斎藤はコンパートメントを明確化する方法をお伝えしています。
筋膜リリースには、目的に応じて様々な方法があり、今回は、そのうちの2種を紹介しています。
内転筋群のように、走行の方向があまり違わず、付着部の近い筋肉がいくつも重なるケースでは、特にリリース法を工夫する必要があるでしょう。




**************************

新講座「筋膜リリース コツのコツ」がスタートします。参加者募集中です! 斎藤瑞穂著『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)をベースに筋膜リリースをお伝えします。

斎藤瑞穂氏3作目の著書である『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182939179
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック