2018年04月19日

LRテクニックによる胃のリリース

第2期インテグレーティブワーカー養成トレーニング第9回にて、胃の触察実習の際、触察が容易になるように、LRテクニックを用いて胃の緊張をリリースしています。
縦隔に対する押圧と、体幹の回旋によって、腹腔を捻転させています。

LRテクニックの施術では、筋肉に対する方法と、内臓に対する方法に、大きな違いはありません。
どちらも、骨格の連続性と膜の張力を利用して働きかけます。



**************************

新講座「筋膜リリース コツのコツ」がスタートします。参加者募集中です! 斎藤瑞穂著『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)をベースに筋膜リリースをお伝えします。

斎藤瑞穂氏3作目の著書である『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183022201
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック