2019年05月05日

細かく触察できれば、施術も精確に、そして効果も上がる!

パルペーション・インテンシブセミナーで、前腕深層伸筋群の触察実習を行った後に、それらの筋群に対しファシャワーク実習を行いました。動画は、そのために行ったデモンストレーションと、その実習風景です。
細かく触察ができれば、施術も精確にできるようになります。施術が精確にできれば、効果もそれだけ上がります。





オープンパスの触察セミナーは、130筋の触察実習があり、しかもかなり専門的なので、受講したいけれども、なかなか参加に踏み切れない。そんな声が、ときどき聞こえてきます。

そこで、4月からスタートの「触察ファーストステップ」を皮切りに、触察セミナーの内容を更新することにしました。
誰でも触察に興味がある方が、ご自分のレベルに合わせて受講できるように、難易度を段階化して、いくつかのセミナーを設ける予定です。

現在は、「パルペーション・インテンシブセミナー」と「触察ファーストステップ」を並行して開催しています。近いうちに、前者を必要性、難易度に応じて2つのセミナーに分けて開催することになると思います。


**************************

斎藤瑞穂氏3作目の著書である『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185955687
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック