2019年10月19日

腕橈骨筋の間違った触察(触診)を見つけて、びっくり!

明日、触察ベーシック2セミナーを開催するので、予習のつもりでYouTube動画を観ていました。

腕橈骨筋を検索して、出てくる自分の動画を観ていたのですが、ふと他の方の動画を観てみたら、手関節を橈屈させて「この働いている筋肉が腕橈骨筋です」と言っていました。


びっくり!


腕橈骨筋は手関節を越えていないし、その働いているのは腕橈骨筋+長橈側手根伸筋(肘関節が屈曲位なので、腕橈骨筋は働いているわけですが)ですし。
他の動画をいくつか観たのですが、それらも最初の方と同じ団体の動画らしくて、同じような説明を。

疼痛誘発動作という方法を使って、痛みの原因がどこにあるのかを絞っていく作業をしていくときに、間違った筋肉を捉えていると、間違った結果が出るそうですが(出演者の方々がそう仰っているのですが)・・・。

いいの、間違えを広めてしまって?

・・・正しい触察は、本動画  をご覧ください。





**************************

オープンパスのメルマガにぜひご登録ください!
触察、ボディワークに関するお得な情報をお伝えします!

筋膜リリース「コツのコツ」が再びスタートします!
リリース上級者になる筋膜リリースセミナー!


深部筋膜リリースがスタートします!
「達人」の手技を手に入れるセミナーです!


小川隆之の個人セッション・触察クラスのお申し込みは、
こちらからお願いいたします。


斎藤瑞穂の個人セッションのお申し込みは、
こちらからお願いいたします。


斎藤瑞穂氏3作目の著作『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

posted by baucafe at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇徒然日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186700850
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック