2013年02月07日

2013年02月06日のつぶやき

baucafe / 小川隆之
ある言葉を活性化するには、意味のネットワークでその言葉と結びついた他の言葉を抑制する(前部帯状回の働き)必要がある… at 02/06 20:54

baucafe / 小川隆之
ワーキングメモリの負荷が増すと、課題目標に集中する(外部への注意拡散を防ぐ)ために、脳は外部からの刺激を抑制(遮断)しようとする。 at 02/06 20:50

baucafe / 小川隆之
感覚情報⇒〔感覚貯蔵庫―(符号化)→短期記憶〕⇒記憶情報 at 02/06 20:48

baucafe / 小川隆之
(続き)意志による随意的な情報処理を、精緻に高速に行うことには「限界」があります」加藤大治『心の情報処理能力を向上させるための方法』(終わり) at 02/06 17:24

baucafe / 小川隆之
「ある情報処理を繰り返し行うと、その後、その情報処理が自動的に(無意識的に)行われるようになります。…「情報処理の自動化」は、情報処理の巧緻性、敏捷性を向上させるために重要です。(続く) at 02/06 17:24

baucafe / 小川隆之
クライアントさんから頂きました。ヴィタメールのマカダミア・ショコラです。Tさん、ありがとうございました。 http://t.co/FXjpCg7s at 02/06 17:22

baucafe / 小川隆之
ファシャワーク6期生のKさんから頂いた沖縄紅芋包み焼き。美味しかった。Kさん、ありがとうございました。 http://t.co/i6CBxCu7 at 02/06 17:11

baucafe / 小川隆之
「見えているもの」の中から「見るもの」を抽出することで、はじめて「見る」ことができる。…壺を見るのか、向き合う二つの顔を見るのか。 at 02/06 08:13

baucafe / 小川隆之
「…自然的実在性は、いわゆる客観的実在性とは異なった概念であり、主観―客観対置図式から捉えることはできない。つまり、客観的実在性というものが「主観の外」を意味するのに対して、自然的実在性は主観を取り込んだ世界の自己組織性を示唆するのである」河村次郎『情報の形而上学』 at 02/06 01:44

baucafe / 小川隆之
第6期オープンパス認定ファシャワーカー養成トレーニング第1回 | http://t.co/mIrYpbWO at 02/06 01:36

baucafe / 小川隆之
2013年02月05日のつぶやき | http://t.co/9IWqlqKQ at 02/06 00:10

baucafe / 小川隆之
一昨日、クライアントさんから頂いた、花園万頭の「ぬれチョコっと」です。…Kさん、ありがとうございました。斎藤 http://t.co/lW6YBQi2 と分けました。前鋸筋のことも斎藤に伝えました。 http://t.co/fAwIL6HB at 02/06 00:08
posted by baucafe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇ツイート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62124209
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック