2014年03月22日

プレパルペーション・クラス第5回

3月20日、プレパルペーション・クラス(「パルペーション・プレクラス」を改名)第5回が開催されました。
今回は外腹斜筋と前鋸筋の筋間の触察、大腿四頭筋の四頭の正確な鑑別を行いました。

今回は隣り合った、もしくは重なり合った筋(筋間)を鑑別するテクニックを詳しくお伝えしました。お伝えした内容は以下のとおりです。
(1)目的に応じて手指のどこ(指全体、指腹、指尖など)をどう(角度、圧の強弱)使うか、(2)自分の関節(触察手から足部までの)を固めないために(固めてしまうと触察力が落ちます)どこにどう位置すれば(立てば)よいか、(3)筋間の両側の筋をどう区別して働かせるか、(4)目的とする筋間にどう(どんなイメージ、どんな手順で)迫っていくか、などです。

外腹斜筋と前鋸筋の筋間の触察実習では、それぞれを個別に活動させるための誘導が難しかったようです。
大腿四頭筋各頭の鑑別では、大腿直筋より中間広筋のほうがかなり幅があることに、皆さん、驚かれていました。中間広筋の内側縁、外側縁を触察するためには、それぞれ内側広筋、外側広筋の筋腹を押し込んで到達しなければなりませんが、これは正確にたどることができていました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/91195977
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック