2018年12月15日

肩凝り、肩の痛みに対してストレインカウンターストレイン/ボディワーク講習会

12月14日、オープンパス・ワーカーを対象としたボディワーク講習会が開催されました。今回は3回目となります。
今回のタイトルは、「座位で肩凝りをカンタン解消! カウンターストレインを使って」でした。

カウンターストレインは、適用が難しいと言われますが、じつは筋肉を正確に特定でき、触察できれば、容易に、そして確実に結果を出せるテクニックです。
つまり、オープンパスで学ばれた方々にとっては、カウンターストレインはカンタンです。

今回は、肩凝り、肩の痛みを対象として行いました。座位にて、原因筋群に対してカウンターストレインを適用しました。


講習会3−1.JPG

講習会3−2.JPG

講習会3−3.JPG

講習会3−4.JPG


**************************

斎藤瑞穂氏3作目の著書である『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

2018年12月10日

わけのわからない高熱

三日間、わけのわからない高熱を出しました。しかも、今日は最高値を記録したのですが、この時間(22時10分)に、平熱に戻りました。

風邪かインフルエンザ以外で高熱を出したのは、小学生のときの「臨海学校」という行事以来のことです。そのときの高熱は、「初めてのお泊り」で緊張したせいだと思います。というか、大人たちにそう言われた記憶があります。
「臨海学校」で、二晩眠らずに私を看病してくださった保健の先生の顔を、今でもはっきりと思い出せます。

さて、昨日はその高熱の中での触察復習会だったのですが、参加者の皆さんは、たいへん熱心に触察の復習に取り組まれていました。
詳しくは、斎藤さんがブログにアップされているので、そちらをご覧ください。
私は画像をアップしておきます。

また、動画を撮りましたので、そちらは後ほどYouTubeにアップします。


触察復習会1.JPG

触察復習会2.JPG

触察復習会3.JPG

触察復習会4.JPG

触察復習会5.JPG


**************************

斎藤瑞穂氏3作目の著書である『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

2018年11月24日

大腰筋のリリース、様々なテクニックを用いて/第2回ボディワーク講習会

11月22日、第2回ボディワーク講習会が開催されました。
今回は、ファシャワークトレードマーク(TM)アスター、揺らしテクニック、ポジショナルリリースの4テクニックを用いて、大腰筋をリリースしました。

リリース・テクニックを実習する前に、腎臓や小腸、腸間膜根などに関しての簡単な説明を行いました。腹部から大腰筋にアプローチするには、どうしても内臓領域を通らざるを得ないので、そのために必要な、最低限の知識をお伝えしました。

ファシャワークトレードマーク(TM)はオープンパス・メソッドレジスタードマークの中心的なテクニックです。今回は、受け手にムーブメントを指示しながらの、オーソドックスなテクニックを実習しました。

アスターは、無痛の、あるいは痛みの少ない方法で行いました。このテクニックは痛いと言われることが多いですが、手技に工夫を加えると、ギリギリまで圧を抑えて行え、痛みの問題は解消します。痛みを伴わないアスターは、非常に使い勝手がよいです。
アスターは、ファシャワークトレードマーク(TM)にも筋膜リリースにも、併用して行えるテクニックです。ファシャワーカートレードマーク(TM)、筋膜リリースの施術者には、おススメの方法です。

揺らしのテクニックは、身体操作が難しいのですが、コツをつかめると、どんな部位にも応用できて便利です。

ポジショナルリリースは、カウンターストレインとLRモデルトレードマーク(TM)を行いました。ポジショニングによって、痛みが一瞬で消えてしまうのは、本当に不思議です。


講習会2−2.JPG

講習会2−3.JPG


**************************

斎藤瑞穂氏3作目の著書である『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

2018年06月11日

筋膜リリース コツのコツ セミナー第2回が開催されました!

6月7日、「筋膜リリース コツのコツ セミナー第2回」が開催されました。
今回もタイトルどおり、筋膜リリースを効果的に行うための「コツのコツ」をお伝えしました。

本連続セミナーは実習中心の内容ですが、今回は実習前に、筋膜リリースを行うための筋膜構造モデルについて少し話しました。
現在、筋膜に関する情報が更新され続けていますが、筋膜を施術対象とするどの技法体系も、その再考を迫られていることでしょう。
新しい情報は、取捨選択(モデルの本質上、そうならざるを得ません)され、その技法体系固有のモデルとして「統合」(技法と整合性のある形で)されなければなりません。

実習では、筋膜を浅筋膜 → 深筋膜 → 筋筋膜と、層ごとに触察する方法、拘縮を見つけ出す方法、それらを行うための手技の使いかた、圧のかけ方、姿勢のとり方、変化の捉え方などを、デモンストレーションを行いながら、詳しくお伝えしました。

動画では、斎藤瑞穂講師が、実習のためのデモンストレーションを行っています。




「筋膜リリース コツのコツ セミナー」は、第4〜6回に各1名ずつの空席がありますので、本セミナーに興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください。
お申し込みをお待ちしております。


**************************

斎藤瑞穂氏3作目の著書である『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

第11期オープンパス認定ファシャワーカー養成トレーニング参加者募集中 ご検討中の方はお早めに!

2018年02月03日

カンタン!深部−筋膜リリース講座(全6回)がスタート!

2月2日、カンタン!深部−筋膜リリース講座(全6回)がスタートしました。
本講座では、身体の深部にあり、手技が届きにくい筋−筋膜(筋肉の筋膜)をリリースする方法をお伝えします。

第1回は大腰筋、腸骨筋、腰方形筋を対象にリリース練習を行いました。
深部−筋膜に働きかける際の注意点をいくつかお話しした後、各筋の特定からリリース法までを、デモンストレーションを行いながら説明しました。

今回の3筋はどれも最深部にあって、手技が到達しにくいにも関わらず、実習ではどなたも確実に結果を出されていました。
脚が長くなったり、股関節の動きがスムースになったり、重心が変化したり、腕が上がりやすくなったりと、様々な変化がありました。

第2回は、小胸筋と肩甲下筋が対象となります。
やはりそれぞれ、胸郭上で大胸筋の下層、肩甲骨裏(前)面という、手技の到達しにくい場所にあるので、いろいろと工夫が必要となります。

**************************

◇2月16日、カンタン!深部−筋膜リリース講座 第2回が開催されます。筋膜リリースに興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください。
カンタン!筋膜リリース講座(全6回)の情報はこちらです。

◇2月18日、パルペーション・インテンシブセミナー 第3回が開催されます。触察に興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください。

◇2月23日、筋膜リリース復習会が開催されます。参加費無料ですので、気軽にご参加ください。


2016年03月14日

触って感じるヨガ解剖学セミナー最終回

3月12日、触って感じるヨガ解剖学セミナーが最終回を迎えました。
本セミナーは、オープンパス触察講師養成講座の中で、受講生である村上仁氏に講師を務めていただき、模擬講座として9回連続で開催しました。

しかし、模擬講座とは言っても、内容は本格的で、村上氏は毎回、準備万端で臨んでいらっしゃいました。(注)
村上氏が作成されたテキストも、毎回素晴らしいものでした。

(注)触察技術を指導している村上氏の姿は、動画にアップされていますので、ぜひご覧ください。 →「村上仁/触察」「村上仁/指導」

最終回の今回は、触察経験のない方が大半でしたので、触察に関する講義(「触察とは」「ヨガ解剖学と触察」「なぜ触察が難しいか」「体性感覚と触察」など)を行い、その後、簡単な触り方を練習しました。
筋肉の触察実習では、僧帽筋、腰方形筋、梨状筋、大腰筋、腸骨筋、半腱様筋、半膜様筋などが対象となりました。
今回も、素晴らしい内容でした。

ヨガ解剖学1.jpg

今後、村上氏主催の触察講座が開催されるかと思います。
また、オープンパス主催の講座で講師を務めていただくこともあるかと思います。
その折には、ぜひご参加ください。
素晴らしい「触察体験」ができることと思います。

2015年12月24日

一から始める触察解剖学講座第5回

12月23日、一から始める触察解剖学講座第5回(講師:斎藤瑞穂、小川隆之)が開催されました。
今回は、胸鎖乳突筋、腰方形筋、小円筋、大円筋、広背筋の触察を行いました。

胸鎖乳突筋は、解剖学書に記載されているような「人」型のものだけでなく、「X」型、「H」型、「I」型など、様々な形状のものがあります。
今回ご参加くださったOさんの胸鎖乳突筋は、鎖骨頭が2つあるという「珍種」でした!

腰方形筋は、第12肋骨、腸骨稜、腰椎肋骨突起を指標として確認し、かつ背側にある脊柱起立筋群、前側の大腰筋と鑑別しながら触察しました。

小円筋と大円筋は、働きによって鑑別しながら、大円筋と広背筋は、腋窩での位置関係が上腕の肢位によって異なることを確認しながら触察しました。

このクラス、今回も、笑いがあり、発見があり、楽しかったです。
参加者の皆さん、ありがとうございました。
連続参加の皆さん、来年もよろしくお願いいたします。
単発参加の皆さん、またぜひおいでください。
初めての方も大歓迎ですので、どうぞ!


***************************

◇「第11回パルペーション(触察)・インテンシブセミナー」が、2016年2月7日からスタートします! 「オープンパス認定パルペーション・トレーニング」のタイトル名を改め、さらに充実した内容に!
詳しくはこちら↓をご覧ください。
http://baucafe.sblo.jp/article/169807084.html
http://openpathmethod.com/courses.php

◇「一から始める触察解剖学」
開催日時:水曜日の夜間(19:00−21:00)
会場:オープンパス・オフィス(東京都新宿区西新宿4−32−4)
講師:斎藤瑞穂、小川隆之
全8回参加の方/1回6000円、48000円+消費税
単発のご参加も可能。日時、金額の詳細はこちら↓でご確認ください。 
http://rolflingopenpath.sblo.jp/article/164099027.html

2015年12月12日

第4回オープンパス・メソッド(R)勉強会

12月12日、第4回オープンパス・メソッド(R)勉強会(注)が開催されました。
今回のテーマは膜操作でした。

(注)オープンパス・メソッド(R)・アドバンスボディワーカーの勉強会。

今回はいちおう、私がリードしました。
皆さんからご質問をいただき、ご意見をお聞きしながら進める形式でした。

最初に、ご質問の応じて膜操作のデモンストレーションを行いました。
そのデモの内容は、トレーニングではお伝えしていないもので、遠隔操作(今回は、骨盤に働きかけて、重心、体幹、顔面、頭部などを同時に変化させました)でウエストを作ったり、容貌を変えたりと、美容系テクニックを含めたものでした。

その後、これまでのトレーニングでお伝えした手技(タッチ)とはだいぶ異なるものをお伝えしたのですが、皆さん、それを難なくこなしていました。


***************************

11期オープンパス認定パルペーション・トレーニング
開催日時:日曜日 10:00−17:00/2016年2−6月(全15回)
会場:オープンパス・オフィス(東京都新宿区西新宿4−32−4)
講師:小川隆之、斎藤瑞穂
詳しくはこちら↓をご覧ください。
http://baucafe.sblo.jp/article/167029159.html

「一から始める触察解剖学」
開催日時:水曜日の夜間(19:00−21:00)
会場:オープンパス・オフィス(東京都新宿区西新宿4−32−4)
講師:斎藤瑞穂、小川隆之
全8回参加の方/1回6000円、48000円+消費税
単発のご参加も可能。日時、金額の詳細はこちら↓でご確認ください。 
http://rolflingopenpath.sblo.jp/article/164099027.html

よみうりカルチャー恵比寿「気軽に出来るボディワーク」
開催日時:第1、第3金曜日 19:00−21:00
会場:アトレ恵比寿7F よみうりカルチャーセンター
講師:斎藤瑞穂、小川隆之
お問い合わせ先:よみうりカルチャー恵比寿
http://www.ync.ne.jp/ebisu/center.html

2015年12月10日

一から始める触察解剖学講座第4回

12月9日、一から始める触察解剖学講座第4回(講師:斎藤瑞穂、小川隆之)が開催されました。
今回は、三角筋、中臀筋、大腿筋膜張筋、僧帽筋、外腹斜筋、内腹斜筋、縫工筋の触察を行いました。
そして、上記の筋肉を対象に、同じ筋肉の異なる部(例えば、三角筋の前部、中部、後部)の鑑別や、隣接する筋肉どうしの鑑別などを練習しました。
第4回まで回を重ねて、本講座以前には触察経験のなかった方々も、確実に触察技術を習得し始めています!


***************************

11期オープンパス認定パルペーション・トレーニング
開催日時:日曜日 10:00−17:00/2016年2−6月(全15回)
会場:オープンパス・オフィス(東京都新宿区西新宿4−32−4)
講師:小川隆之、斎藤瑞穂
詳しくはこちら↓をご覧ください。
http://baucafe.sblo.jp/article/167029159.html

「一から始める触察解剖学」
開催日時:水曜日の夜間(19:00−21:00)
会場:オープンパス・オフィス(東京都新宿区西新宿4−32−4)
講師:斎藤瑞穂、小川隆之
全8回参加の方/1回6000円、48000円+消費税
単発のご参加も可能。日時、金額の詳細はこちら↓でご確認ください。 
http://rolflingopenpath.sblo.jp/article/164099027.html

よみうりカルチャー恵比寿「気軽に出来るボディワーク」
開催日時:第1、第3金曜日 19:00−21:00
会場:アトレ恵比寿7F よみうりカルチャーセンター
講師:斎藤瑞穂、小川隆之
お問い合わせ先:よみうりカルチャー恵比寿
http://www.ync.ne.jp/ebisu/center.html

2015年12月06日

オープンパス認定触察講師養成講座 第3回

12月5日、オープンパス認定触察講師養成講座(注)第3回(講師:斎藤瑞穂、小川隆之)が開催されました。(第2回の記事

(注)本講座は、オープンパス認定パルペーションン・トレーニングの講師資格を取得するための講座です。

今回から、「講座内講座」がスタートしました。
「講座内講座」では、本講座受講生に、本講座内で講座(受講生自ら構成した内容)を行っていただきます。
受講生役の参加者を募って、その方々に対して実際に講義&実技指導を行います。
本講座の講師である斎藤と小川は、「透明人間」として(つまり、存在しない存在として)講義の場にあって、評価を行います。(ややこしくて、ゴメンナサイ)

10-15-1.jpg

今回の「講座内講座」の内容は、大変に素晴らしいものでした。
受講生役の方々にも、ご満足いただけたのではないでしょうか。
休み時間にまで、講師役の本講座受講生に対して、受講生役の方々が真剣にご質問されている場面もありました。

行き届いた説明、的確な指示、各受講生役への臨機応変な対応など、今回は、どこをとっても高評価を差し上げられる内容でした。


***************************

第11期オープンパス認定パルペーション・トレーニング
開催日時:日曜日 10:00−17:00/2016年2−6月(全15回)
会場:オープンパス・オフィス(東京都新宿区西新宿4−32−4)
講師:小川隆之、斎藤瑞穂
詳しくはこちら↓をご覧ください。
http://baucafe.sblo.jp/article/167029159.html

「一から始める触察解剖学」
開催日時:水曜日の夜間(19:00−21:00)
会場:オープンパス・オフィス(東京都新宿区西新宿4−32−4)
講師:斎藤瑞穂、小川隆之
全8回参加の方/1回6000円、48000円+消費税
単発のご参加も可能。日時、金額の詳細はこちら↓でご確認ください。 
http://rolflingopenpath.sblo.jp/article/164099027.html

よみうりカルチャー恵比寿「気軽に出来るボディワーク」
開催日時:第1、第3金曜日 19:00−21:00
会場:アトレ恵比寿7F よみうりカルチャーセンター
講師:斎藤瑞穂、小川隆之
お問い合わせ先:よみうりカルチャー恵比寿
http://www.ync.ne.jp/ebisu/center.html