2019年07月18日

触察ベーシック1がスタートしました。

7月17日、触察ベーシック1水曜日クラス第1回が開催されました。
今回のカリキュラムは、「頭頚骨部の触察」でした。

授業は、以下のような手順で進めました。
1.外後頭隆起、最上項線、上項線、下項線、前頭結節、眉間部などを触察することで頭蓋全体の形状を把握する。
2.縫合部を触察することで、頭蓋骨どうしの連結を知る。
3.頸椎棘突起、横突起、関節突起の触察を通して頸部全体の組み立てを知る。


また、単に骨部に触れ、骨指標をとるだけでなく、骨どうしの連結を知ることができるように、以下のような体験もしていただきました。
筋膜を介さず、噛み合った歯車が連動するような、骨部だけの繋がりで、身体が変化する体験をしていただきました。
1.前頭結節を特定方向へ圧する→下顎骨の位置が変わる→口腔の広さが変わる。
2.側頭骨に働きかける→腸骨の前後傾が変わる→重心が移行する。
3.1箇所の椎間関節を動かす→頸部の構造が変わる→痛みがある場合は痛みが消える。



**************************

触察セミナー参加者募集中です!
オープンパスの触察セミナーへぜひご参加ください。

小川隆之の個人セッション・触察クラスのお申し込みは、
こちらからお願いいたします。

斎藤瑞穂の個人セッションのお申し込みは、
こちらからお願いいたします。

斎藤瑞穂氏3作目の著作『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

2019年07月15日

記憶とワーキングメモリに関する講義、再び、そして詳しめに

再び、記憶とワーキングメモリに関する講義の動画を紹介させていただきます。

オープンパスのトレーニングやセミナーでは、記憶や学習、ワーキングメモリに関して、これまで繰り返しお伝えしてきました。

連続した5つの動画を紹介いたしますが、ソマティカルワーカー養成トレーニングで行った記憶に関する講義からです。

興味をお持ちの方はご覧ください。


1.短期記憶と長期記憶から始め、記憶を分類しながら、それぞれを説明しています。




2.ワーキングメモリは、「短期記憶→長期記憶」という記憶のプロセスと、どのような関係にあるのか。




3.ワーキングメモリの機能を、模式図を使って説明しています。「心的資源」に関連づけて話しています。




4.ワーキングメモリを強化する様々な方法について話しています。




5.ワーキングメモリの使い方に関して、ご質問にお答えしています。




**************************

触察セミナー参加者募集中です!
オープンパスの触察セミナーへぜひご参加ください。

小川隆之の個人セッション・触察クラスのお申し込みは、
こちらからお願いいたします。

斎藤瑞穂の個人セッションのお申し込みは、
こちらからお願いいたします。

斎藤瑞穂氏3作目の著作『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

2019年07月09日

「感覚」「知覚」「認知」

動画では、手さぐりゲームや触察を例にとりながら、「感覚」「知覚」「認知」に関して説明しています。
わかりやすく説明できているでしょうか?

オープンパス・メソッドレジスタードマークでは、「感覚」「知覚」「認知」を別のものとして扱います。
これら3つを、特に「感覚」と「知覚」については、分けて説明していないテキストも多いのですが、オープンパス・メソッドレジスタードマークでは、これらをきっちり分けて捉えます。

理由は、オープンパス・メソッドレジスタードマークでは、これら3つに対する技術的アプローチがまったく違っているからです。

「感覚」と「知覚」に関して言うと、前者を「非意識」、後者を「意識」として、またオープンパス・メソッドレジスタードマークの言い方では、前者を「からだ(soma)」、後者を「こころ(psyche)」として捉え、アプローチします。





**************************

触察セミナー参加者募集中です!
オープンパスの触察セミナーへぜひご参加ください。

小川隆之の個人セッション・触察クラスのお申し込みは、
こちらからお願いいたします。

斎藤瑞穂の個人セッションのお申し込みは、
こちらからお願いいたします。

斎藤瑞穂氏3作目の著作『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

2019年07月08日

ボディワーカーは自らの身体をコントロールする

私たちが言葉を使わなくても、私たちの身体は、常に多くの情報を発信し、他者に、そして他者の身体に影響を及ぼし続けています。

ボディワーカーはこのことを自覚し、ボディワーク・セッションでは、自らの身体をコントロールしなければなりません。

自然に発露する身体の表現や動作が、常に良い影響をもたらすのではないかぎり、それらをコントロールし、戦略的に用いることが必要でしょう。





下の動画はおまけです。





**************************

触察セミナー参加者募集中です!
オープンパスの触察セミナーへぜひご参加ください。

小川隆之の個人セッション・触察クラスのお申し込みは、
こちらからお願いいたします。

斎藤瑞穂の個人セッションのお申し込みは、
こちらからお願いいたします。

斎藤瑞穂氏3作目の著作『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

2019年07月07日

記憶について/ボディワーカーが知るべきこと

私たちの身体は、あるいは私たちは身体を通して、どのように学ぶのでしょうか?
ボディワーカーであれば、答えなければならない問いでしょう。

身体の、あるいは身体を通した学びについて知るためには、記憶について学ぶ必要があります。

動画は、質疑応答の1場面で、セミナー参加者のご質問にお答えしています。
エピソード記憶、意味記憶、手続き記憶について述べています。





**************************

触察セミナー参加者募集中です!
オープンパスの触察セミナーへぜひご参加ください。

小川隆之の個人セッション・触察クラスのお申し込みは、
こちらからお願いいたします。

斎藤瑞穂の個人セッションのお申し込みは、
こちらからお願いいたします。

斎藤瑞穂氏3作目の著作『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

2019年07月05日

肩こり、カンタン解消法!

動画では、揺らすだけで肩こりが取れてしまいます。
このテクニックは、肩だけでなく全身どの部位に対しても使えます。
また、筋肉をある程度は特定して行うこともできます。

例えば大腰筋をリリースしたければ、股関節と膝関節を屈曲位にして、強めに揺らします。
大腿四頭筋であれば、股関節と膝関節の浅い屈曲位から、軽く伸展させながら揺らします。
部位によっては、セルフでも可能です。





**************************

触察セミナー参加者募集中です!
オープンパスの触察セミナーへぜひご参加ください。

小川隆之の個人セッション・触察クラスのお申し込みは、
こちらからお願いいたします。

斎藤瑞穂の個人セッションのお申し込みは、
こちらからお願いいたします。

斎藤瑞穂氏3作目の著作『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

2019年07月04日

ボディワークとワーキングメモリ

動画は、ティーチャーズ・インテンシブセミナーで、ワーキングメモリについて説明している場面です。

身体技能の習熟は、ボディワークのテーマの1つです。

学習プロセスや技能習得などを説明するとき、あるいは理解しようとするとき、ワーキングメモリの考え方は、非常に役立ちます。





**************************

触察セミナー参加者募集中です!
オープンパスの触察セミナーへぜひご参加ください。

小川隆之の個人セッション・触察クラスのお申し込みは、
こちらからお願いいたします。

斎藤瑞穂の個人セッションのお申し込みは、
こちらからお願いいたします。

斎藤瑞穂氏3作目の著作『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

2019年07月03日

浅・深鵞足の触察

膝まわりに付着する筋群の位置関係が、正確に分かるでしょうか?
曖昧に捉えている方が、意外と多いのではないでしょうか。

動画では、薄筋の触察デモンストレーションを行っているのですが、それに加えて、浅・深鵞足の各筋(薄筋の他、縫工筋、半腱様筋、半膜様筋)の鑑別も行っています。

膝まわりのファシャワーク、もしくは筋膜リリースを効果的に行うためには、鵞足を含めて、多くの関係筋群の走行や付着部を触察、およびそれらを鑑別できなければなりません。

・・・実は、膝まわりの筋群の触察、鑑別は、そう難しくはありません。
コツを覚えてしまえば、意外と容易に行えるのです。





**************************

触察セミナー参加者募集中です!
オープンパスの触察セミナーへぜひご参加ください。

小川隆之の個人セッション・触察クラスのお申し込みは、
こちらからお願いいたします。

斎藤瑞穂の個人セッションのお申し込みは、
こちらからお願いいたします。

斎藤瑞穂氏3作目の著作『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

2019年06月30日

引き続き、触察セミナー参加者募集中です!

「触察」とは文字どおり「触れて察する」ことです。「察する」という言葉には、「推察する」「深く調べる」という意味があります。そしてその他に、「思いやる」という意味も。
この「思いやる」を大切にするのが、オープンパス・メソッドレジスタードマークの触察技法です。

触れることを通して、ひとのからだに働きかける方々、手を用いて探求し、理解し、創造し、問題を解決しようとする方々、オープンパス主催の触察セミナーへ、ぜひご参加ください。


肩甲下筋の触察デモンストレーション



◇「触察ベーシック1」「触察ベーシック2」が、以下の日にスタートします。

【触察ベーシック1】
日曜クラス:2019年7月21日(日)スタート(6時間×2日)
水曜夜間クラス:2019年7月17日(水)スタート(3時間×4日)

【触察ベーシック2】
日曜クラス:2019年8月4日スタート(6時間×9日)
水曜夜間クラス:2019年9月4日スタート(3時間×18日)

詳しい日程や内容、会場、参加費などは、こちらをご覧ください。


**************************

小川隆之の個人セッション・触察クラスのお申し込みは、
こちらからお願いいたします。

斎藤瑞穂の個人セッションのお申し込みは、
こちらからお願いいたします。

斎藤瑞穂氏3作目の著作『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

2019年06月29日

「差異」について

動画は、ソマティカルワーカー養成トレーニングの1場面です。
斎藤と小川が、「差異」について話しています。

ボディワークは、変化に関わる技法です。
もっと言えば、変化をコントロールするための技法です。
そして、変化をコントロールするためには、「差異」の観点で身体や物事をとらえられると、大変に有利です。

身体や物事にとらわれず、それらの関係性に留意できれば、変化は容易に起こせます。

正確に言うと、変化は容易に起こります。





**************************

触察セミナー参加者募集中です!
オープンパスの触察セミナーへぜひご参加ください。

小川隆之の個人セッション・触察クラスのお申し込みは、
こちらからお願いいたします。

斎藤瑞穂の個人セッションのお申し込みは、
こちらからお願いいたします。

斎藤瑞穂氏3作目の著作『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。