2019年10月21日

斎藤瑞穂氏のストレイン/カウンターストレインで40年の痛みから解放されるかも!

18歳のとき、通っていた極真空手の道場で、蹴り技の稽古の最中に、大腿の内側をひどく傷めました。
格闘技が大好きで、当時、空手だけでなく、少林寺拳法を習ったり、キックボクシングのジムに通っていたりしたのですが、そのときの怪我でそれらを全てやめざるを得ませんでした。
今年58歳になるのですが、そのときの怪我は未だ治っておらず、すでに40年も経ってしまいました。

そして未だ、私の格闘技熱は冷めやらず、2年ほど前から再開しました。
これまで習ったものではなく、クラヴマガというイスラエル生まれのマーシャルアーツ(護身術と紹介されています)です。
最初はなかなか勘が戻らず、身体の動きは鈍く、思うようには動けませんでしたが、最近やっと調子が戻ってきました。
ところがやはり、フットワークや蹴り技は、怪我した大腿の痛みをともないます。

これまで40年間、どうにかして怪我を治したくて、整形外科へ行ったり、治療院へ通いつめたりしました。
少しマシになったこともありましたが、悪化したこともあり、結局は治らず、現在に至ります。

ボディワーカーになってからは、自分の怪我を治せる方法を探求し続けました。
実は、オープンパス・メソッドレジスタードマークのLRモデルトレードマーク(TM)はその結果できた方法なのですが、手技やホールディングを対人技法として特化したため、自分に対しては使えません。
LRモデルトレードマーク(TM)のセミナーを開催しましたが、私の今の怪我を扱えるような技術は、まだ誰にもお伝えできていません。

この数日、大腿の痛みが徐々に悪化してきたこともあり、以前通ったことのある治療院へ行ってみようと思いましたが、その前に、斎藤瑞穂氏に相談してみました。
斎藤氏とはなかなかスケジュールが合わず、互いに施術を行い合うことは、滅多にありません。

ところが、定休日の今日、私の怪我を見かねて、斎藤氏がセッションの時間をとってくれました。
1時間ほどのセッションでしたが、ストレイン/カウンターストレインを用いて、なんと的確に痛みを解消してくれました!

私は自分で触ってみて、大腿方形筋が痛むのかと思っていたのですが、斎藤氏に丁寧に押圧してもらうと、そこには圧痛はなく、緊張もそれほど強くはありませんでした。
実際には、以下の筋肉にジャンピングポイント(ジャンプするほど強い圧痛)があり、それらを順(以下のとおりの順)に解消してくれました。
大内転筋腱性部、大内転筋筋性部、内閉鎖筋、大腿二頭筋長頭、中臀筋前部、梨状筋、大殿筋。

セッション前は、伸脚ができず、回し蹴りでまったく腰が入らなかったのですが、かなり股関節が自由に動きます!(正直、驚きました)
まだ少し違和感が残っているのですが、今の時点で、40年の痛みが嘘のように引いています。
明日、クラヴマガのジムへ行く予定なのですが、かなり動ける予感がして、楽しみです。
(斎藤氏が継続的に施術を行ってくれるそうで、ありがたいです)

斎藤瑞穂カウンターストレイン.jpg


ストレイン/カウンターストレインは、軟部組織にある緊張を捉え、圧痛点(できれば、ジャンピングポイント)を見つけ、それが筋肉であれば起始と停止を近づけて弛緩させ、90秒待って痛みを解消する、というテクニックです。
圧痛点を見つける作業、ホールディングなどが難しいのですが、実は、オープンパス・メソッドレジスタードマーク方式の触察を身につけた方であれば、容易でしょう。

いえ、ストレイン/カウンターストレインに限らず、解剖学的な基礎を持つテクニックであれば、どんなものでも容易でしょう!


**************************

オープンパスのメルマガにぜひご登録ください!
触察、ボディワークに関するお得な情報をお伝えします!

筋膜リリース「コツのコツ」が再びスタートします!
リリース上級者になる筋膜リリースセミナー!


深部筋膜リリースがスタートします!
「達人」の手技を手に入れるセミナーです!


小川隆之の個人セッション・触察クラスのお申し込みは、
こちらからお願いいたします。


斎藤瑞穂の個人セッションのお申し込みは、
こちらからお願いいたします。


斎藤瑞穂氏3作目の著作『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

posted by baucafe at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇徒然日記

2019年10月19日

腕橈骨筋の間違った触察(触診)を見つけて、びっくり!

明日、触察ベーシック2セミナーを開催するので、予習のつもりでYouTube動画を観ていました。

腕橈骨筋を検索して、出てくる自分の動画を観ていたのですが、ふと他の方の動画を観てみたら、手関節を橈屈させて「この働いている筋肉が腕橈骨筋です」と言っていました。


びっくり!


腕橈骨筋は手関節を越えていないし、その働いているのは腕橈骨筋+長橈側手根伸筋(肘関節が屈曲位なので、腕橈骨筋は働いているわけですが)ですし。
他の動画をいくつか観たのですが、それらも最初の方と同じ団体の動画らしくて、同じような説明を。

疼痛誘発動作という方法を使って、痛みの原因がどこにあるのかを絞っていく作業をしていくときに、間違った筋肉を捉えていると、間違った結果が出るそうですが(出演者の方々がそう仰っているのですが)・・・。

いいの、間違えを広めてしまって?

・・・正しい触察は、本動画  をご覧ください。





**************************

オープンパスのメルマガにぜひご登録ください!
触察、ボディワークに関するお得な情報をお伝えします!

筋膜リリース「コツのコツ」が再びスタートします!
リリース上級者になる筋膜リリースセミナー!


深部筋膜リリースがスタートします!
「達人」の手技を手に入れるセミナーです!


小川隆之の個人セッション・触察クラスのお申し込みは、
こちらからお願いいたします。


斎藤瑞穂の個人セッションのお申し込みは、
こちらからお願いいたします。


斎藤瑞穂氏3作目の著作『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

posted by baucafe at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇徒然日記

2019年09月14日

弱々しい手で、ふるえながら・・・

子供のころ、自分のうちが畳屋なのが、恥ずかしかった。
ふと、そんなことを思い出した。


朝から晩まで、ほこりだらけになって働いて、父の指は太く、たこができて、汚れが染みついていた。
かなりの大家族で、職人さんもいっしょで、食事は大皿をつつき合った。
4時とか5時とかに早起きして、母を手伝って、釜でご飯を炊いた。

友達のお父さんは、ピシッとした背広を着ていたり、カタカナ読みの仕事をしていたりで、うらやましかった。
うちの父は、いつもはんてんに雪駄のいでたちだった。

母はいつも忙しく、かまってくれず、私を叱ってばかりいた。
大きな声で、笑ったりどなったり、うるさくて頭にきていた。


・・・
長い年月がたって、今思うのは、ありありと思い出すのは、違った向きの記憶だ。

重い新床の畳を数枚かついで、アパートの狭い階段を駆け上がる父(すごいと思った・・・)。
どこへ行っても、何を見ても、目視でその寸法がわかってしまう父。

ものすごい速さで走り、鉄棒で大車輪をする父。
とんでもなく高いところから飛び降りて、何ごともない顔をする父。

自転車がほしいと言ったら、忙しい家事の合間にアルバイトをして、買ってくれた母。
数えきれないくらい、私と妹を旅行に連れていってくれた母。

バッグや洋服を作って、自分で使ったり着たりするだけでなく、原宿の店で売っていた母。
私と妹の入学金をかせぐために、国鉄のキオスクで働いた母。

くも膜下出血でたおれて、口がきけなくなっても、笑顔を絶やさなかった母。
そして、ついに寝たきりになっても、明るく笑っていた母。

弱視になって、自分の少し前も見えないのに、自転車をこいで入院中の母に会いに行った父(これは、やってはいけませんが・・・)。
病院が遠くなっても、時間をかけて毎日かかさず母を見舞った父。

ぼやでひどい火傷をして、医師から見放されながらも、回復した父。
そして、杖をつき、脚を引きずりながら、入院中の母を見舞った父。

豪雨の日も、父はかっぱを着て母を見舞いに行った。
母のもとへ連れていけと私にせがみ、いつもの3倍ほどの時間をかけて、本当に死にそうになりながら病院にたどり着いた。

父は、母が亡くなる数時間前、それがわかったようで、最後のお別れをして、病院を出た。

亡くなった母を、涙を流しながら、静かに見つめていた父。
(母は、23年間の闘病生活を送りました)
お父さん、ほら、さわってあげな、と私が言うと、弱々しい手で、ふるえながら、母のほおをさわった父。

posted by baucafe at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇徒然日記

2019年08月23日

アンディオールでお尻をパンプさせる?

友人から連絡があって、坐骨神経痛になりそうだという。
10年ほど前に坐骨神経痛と診断されて、そのときには治るまでに数年かかったそうで、また同じようになりそうで怖いという。

詳しく聞いてみると、最近、通っているバレエ教室で開催されていた「バレエと解剖学」という講座に参加して以来のことだという。
講師は、バレエの経験が皆無のフィットネスインストラクターだそう。

バレエの動作を解剖学的に説明し、その上で筋肉や骨を意識させて、その動作をくり返しさせるという内容だそう。
友人が受講したときに指導された内容は、アンディオールをするときに、「大転子をお尻にギュッとしまい込む」というもので、その「ギュッ」を何度もくり返させられたという。

教室では、お尻をやわらかく使うように指導されているのに、その講座では、「大転子のしまい込み」を意識させて、お尻をかたく使うように指導していたので、おかしいとは思ったという。

現在、お尻が「パンプ」してカチカチになってしまい、お尻から膝にかけて、大腿の後面、側面がしびれているそう。

その指導って、バレエ的には合っているのだろうか? パンプさせるのが目的?


**************************

触察ファーストステップ秋期がスタートします!
触察を初歩から、わかりやすく学べます。

触察セミナー(ベーシック2)参加者募集中です!
オープンパスの触察セミナーへぜひご参加ください。

小川隆之の個人セッション・触察クラスのお申し込みは、
こちらからお願いいたします。

斎藤瑞穂の個人セッションのお申し込みは、
こちらからお願いいたします。

斎藤瑞穂氏3作目の著作『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

posted by baucafe at 12:01| Comment(2) | TrackBack(0) | ◇徒然日記

2019年08月12日

MagaGYMに通っています!

MagaGYMにて、Strikeクラスに参加中の画像(中央に、パンチンググローブをして映っています)です。
頻繁には通えないのですが、打撃系のクラスが好きで、月に3、4回、Strikeクラスの他に、BAGクラス(サンドバックを突き蹴りするクラス)、Fightクラス(スパーリングのクラス)にも参加しています。
いちばん好きなのは、Fightクラスです。

posted by baucafe at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇徒然日記

2019年08月11日

今日からお盆休み

3日間と短めですが、今日からお盆休みです。
昨日は久しぶりの肉食で、かなり満腹になりました。

しばらく前から、野菜中心の食事を続けてきました。

野菜1.JPG

野菜2.JPG

野菜3.jpg


それで、だいぶ痩せました。
けっこうきつめのデニムが、半年くらいでだぶだぶになりました。

やせた1.JPG

やせた2.JPG


しかし、ベジタリアンではなく、色々食べます。
映っていませんが、昨日はお酒もだいぶ飲みました。
けっこう飲み食いしましたが、体重は少しも増えず。

肉食1.JPG

肉食2.JPG

肉食3.JPG


posted by baucafe at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇徒然日記

2019年08月08日

成功者のための触察セミナー/小川先生との楽しいひととき 第2弾

触察セミナーに関して、日野で鍼灸治療院を経営されている小川先生からご助言を頂いた件を、先日のブログに書きました。

昨年、オープンパスを法人化しましたが、それをきっかけに、オープンパスの主要なセミナーの内容や受講システムを更新することを決めました。
しかし、どのようにすれば、いちばん、受講者の方々のお役に立てるのかを決めかねていました。それで、小川先生からご助言を頂いたのですが、先生のあっと驚く言葉の数々に頭の中を揺さぶられ、発想の転換の必要性を感じました。
先日のブログにはそこまで書いたのですが、今日はその、あっと驚く内容を少しだけ書きたいと思います。


名付けて「成功者のためのセミナー」というのを作ったらどうでしょうか?
そう小川先生が仰ったときには、一瞬ですが思考停止状態に陥りました。
オープンパスはこれまで、プロのボディワーカーになりたい方々、開業を目指す方々が基礎技術を身につけられるようにと、セミナーの内容を考えてきました。

ところが、副業を持たず、それを副業にしているのでもなく、アルバイトもする必要がなく、独立して、専業で食えている人たちをターゲットにするほうがよいと思います、と小川先生は仰られました(言葉のひとつひとつは正しく記憶できていません)。
食えてない方々は、食っていくために、自分のほしいところだけをつまみ食いしていくでしょうし、こちらがお伝えしたい大事な部分には、興味を持ってくださらないでしょう。

考えてみると、ボディワーカーで、独立して専業で食えている方々は、本当のところ少ないです。
隣接業界の方々のことは、よく知りませんでしたが、国家資格を持つ方々でさえ同様だそうです。

突然に方向を変えることは難しいですが、「成功者のための触察セミナー」というのは、よい案かもしれませんし、今のオープンパスの体制でも可能です。
独立されて治療院やサロンを持たれている方々が、1つ上を目指して受講される触察セミナーというのは、これまでとは、また違ったやりがいがあると思います。


**************************

触察セミナー(ベーシック2)参加者募集中です!
オープンパスの触察セミナーへぜひご参加ください。

小川隆之の個人セッション・触察クラスのお申し込みは、
こちらからお願いいたします。

斎藤瑞穂の個人セッションのお申し込みは、
こちらからお願いいたします。

斎藤瑞穂氏3作目の著作『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

posted by baucafe at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇徒然日記

2019年08月03日

小川先生との楽しいひととき

先日、日野で鍼灸治療院を経営されている小川先生のお話を伺ってきました。というか、斎藤さんから小川先生のこと、先生がされている治療のことなどを聞き、大変に興味を持ったので、斎藤さんが先生に会いに行くと聞いて、付いて行ってしまいました。

斎藤さんが先生に会いに行ったのは、オープンパスの触察セミナーに関するご助言を頂くためでしたが、話が色々と発展し、触察の大切さから、小川先生がお弟子さんとの関係でこれまで経験されたこと、治療に関わるマニアックな気持ち、業界秘話など、どんどん広がりました。本当に楽しかったです。

また、小川先生のあっと驚く言葉の数々に頭の中を揺さぶられました。
今後、発想の転換が必要かもしれません。

小川先生に、オープンパスで講座とか講演とかお願いできたらと思いました。
(先生のこと、先生に伺ったことなど、また続きを書きます)


**************************

触察セミナー(ベーシック2)参加者募集中です!
オープンパスの触察セミナーへぜひご参加ください。

小川隆之の個人セッション・触察クラスのお申し込みは、
こちらからお願いいたします。

斎藤瑞穂の個人セッションのお申し込みは、
こちらからお願いいたします。

斎藤瑞穂氏3作目の著作『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

posted by baucafe at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇徒然日記

2019年06月23日

チャクラの話

動画の中では、歩行に関連してチャクラの話をしていますが、これはふと飛び出した話で、オープンパス・セミナーのカリキュラムには、チャクラに関することは一切含まれていません。

かつて個人的に、各チャクラに応じた「歩法」を考案したという経緯があり、動画のような話になりました。

私が習ったシン・インテグレーションのカリキュラムには、いわゆる「スピリチュアル」な内容が含まれていたのですが、オープンパス・メソッドレジスタードマークのカリキュラムには、そうしたことは含まれていません。

チャクラの話が出たのはたまたまで、これまでこの1回だけだと思います。
「スピリチュアル」とは、個人的に、日々の生活の中で関わっています。





**************************

触察セミナー参加者募集中です!
オープンパスの触察セミナーへぜひご参加ください。


斎藤瑞穂氏3作目の著書である『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

posted by baucafe at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇徒然日記

2019年04月26日

王子様って、難しい!

先日、斎藤瑞穂氏が講師を担当する「ティーチャーズ・インテンシブセミナー」が終了しました。
終了後の打ち上げ&今後の作戦会議の席で、バレエの王子様役を体験させていただきました。
お姫様役の嶋田倫子氏から、王子様のやり方を教わっています。
改めて見ると、ずいぶんぎこちないですね。
自分のバランスだけではなく、お姫様のバランスもとらないとなりません。
見た目と違って、かなり難しいです。
そばで見ていた斎藤瑞穂氏からは、丸太かドラム缶を回しているみたいで、お姫様に失礼だと言われました。





**************************

斎藤瑞穂氏3作目の著書である『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

posted by baucafe at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇徒然日記