2018年02月19日

胸鎖乳突筋の触察

動画では、胸鎖乳突筋の触察デモンストレーションを行っています。
頸部の下部前面から上部側面にかけて、斜めに走行しています。
表層にあり、かなり目立つ筋肉で、触察も容易です。
この筋肉は、全長を触察できます。

形状が様々あり、逆Y型(解剖学書に載っている型)がいちばん多いですが、他にH型、X型、I型などがあります。
今期パルペーション・インテンシブセミナーでも、様々な型の持ち主がいらっしゃいました。




**************************

斎藤瑞穂氏が3作目となる本を出しました。タイトルは『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)です。ボディワーク初心者の方にも、プロの方にもお勧めです。

◇2月23日、筋膜リリース復習会が開催されます。参加費無料ですので、気軽にご参加ください。

◇3月2日、カンタン!深部−筋膜リリース講座 第3回が開催されます。臀部深層筋の筋膜リリースを実習します。ワンランク上の筋膜リリースを自分のものに!


2018年02月17日

肩甲下筋の触察

動画では、肩甲下筋の触察デモンストレーションを行っています。

皆さんは、肩甲下筋がどこにあるかご存知でしょうか?
肩甲骨と胸郭の間にあり、肩甲骨の前面(裏側)に付着しています。
そう聞くと、そんな場所にある筋肉を触察できるのだろうかと、疑問に思われるかもしれません。

それが、できるのです。
筋膜リリースを行う際には、特に肩や腕に緊張や凝りなどがある場合には、必ず触れたい筋肉です。
遠隔操作(遠い部位から影響を与えること)も行いやすい筋肉ですが、やはり直接に触れたほうが、効果は高いので。

動画では、3箇所からアプローチしています。
思ってもみないような場所からのアプローチが、あるかもしれません。




**************************

斎藤瑞穂氏が3作目となる本を出しました。タイトルは『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)です。ボディワーク初心者の方にも、プロの方にもお勧めです。

◇2月23日、筋膜リリース復習会が開催されます。参加費無料ですので、気軽にご参加ください。

◇3月2日、カンタン!深部−筋膜リリース講座 第3回が開催されます。臀部深層筋の筋膜リリースを実習します。ワンランク上の筋膜リリースを自分のものに!


2018年02月16日

上腕筋の触察

動画では、力こぶを作る筋肉の1つである、上腕筋の触察デモンストレーションを行っています。もう1つの力こぶ筋は、昨日のブログで紹介させていただいた上腕二頭筋です。

上腕筋上腕二頭筋の下層を走行しています。上腕二頭筋より短く、柔らかい筋肉です。

両筋ともに、肘関節を屈曲させますが、上腕二頭筋だけに、前腕を回外させる働きがあります。そこで、前腕を回内させながら、肘関節を屈曲させるというムーブメントによって、上腕二頭筋の働きを抑制し、上腕筋だけを働かせます。




**************************

斎藤瑞穂氏が3作目となる本を出しました。タイトルは『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)です。ボディワーク初心者の方にも、プロの方にもお勧めです。

◇2月23日、筋膜リリース復習会が開催されます。参加費無料ですので、気軽にご参加ください。

◇3月2日、カンタン!深部−筋膜リリース講座 第3回が開催されます。臀部深層筋の筋膜リリースを実習します。ワンランク上の筋膜リリースを自分のものに!


2018年02月15日

上腕二頭筋の触察

動画では、上腕二頭筋の触察デモンストレーションを行っています。
この筋は、力こぶを作る筋肉の1つで、上腕前側の表層を走行しています。
ちなみに、もう1つの筋肉は上腕筋です。

力こぶの筋肉は、人によってはかなり大きいですが、上腕二頭筋だけでは、それほど大きくは見えないでしょう。
上腕筋が下層にあって、上腕二頭筋を持ち上げているので、大きく盛り上がって見えるのです。

上腕二頭筋を正確に触察するためには、上腕筋との境界部を間違えずに捉える必要があります。
動画では、その方法もお伝えしていますので、参考にしてください。




**************************

斎藤瑞穂氏が3作目となる本を出しました。タイトルは『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)です。ボディワーク初心者の方にも、プロの方にもお勧めです。

◇2月23日、筋膜リリース復習会が開催されます。参加費無料ですので、気軽にご参加ください。


2018年02月14日

上腕二頭筋と上腕三頭筋の筋膜リリース

日常生活の中で、身体のどこをいちばん使うかと聞かれたら、皆さんはどこだと答えるでしょうか?
腕とか脚でしょうか? (私に関しては、口だと答えるのが正しいかもしれません。笑)
デスクワークの時間が多い方は、やはり腕と答えるでしょうか?

腕の使い過ぎは、腕の疲れや痛みだけでなく、身体の広い範囲に影響します。
場合によっては、肩こりや頭痛を引き起こすこともあります。

動画は、カルチャー講座での1場面で、斎藤瑞穂講師が、上腕二頭筋と上腕三頭筋に対する筋膜リリースのデモンストレーションを行っています。
これら2筋は、上腕の前後にあって、腕のどんな動作をするのにも「必ず使う」と言ってもよい筋肉です。



カルチャー講座は、昨年の秋に終了しましたが、筋膜リリースを中心にお伝えする同様の講座を、カンタン!シリーズとしてオープンパス主催で現在も行っています。

そしてまた、2月10日に、斎藤瑞穂講師が、『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)というタイトルの本を出しました。
講座に参加したいのに、スケジュールなどが合わずに参加できないという方は、ぜひご一読ください。
また講座に参加されたことのある方、これから参加される方は、テキストとしても使えますので、ぜひ参考にしてください。


**************************

◇斎藤瑞穂氏が3作目となる本を出しました。タイトルは『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)です。ボディワーク初心者の方にも、プロの方にもお勧めです。

◇2月18日、パルペーション・インテンシブセミナー 第3回が開催されます。触察に興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください。

◇2月23日、筋膜リリース復習会が開催されます。参加費無料ですので、気軽にご参加ください。


2018年02月13日

腸骨筋の筋膜リリース、エンドフィール、リリース感 + 斎藤瑞穂氏が新著!

カンタン!深部−筋膜リリース講座 第1回では、大腰筋、腸骨筋、腰方形筋の筋膜リリースを実習しました。
下の動画では、腸骨筋の筋膜リリース、そして筋膜リリースを行う際のエンドフィール、リリース感についてお伝えしています。
ただし、もとは15分の説明を2分半に編集しているので、かなり省略されてはいます。



動画には、テクニックを生(なま)でお見せできるという利点はありますが、細かい説明を含めるとかなり長い時間が必要です。
しかし長い時間の動画は、あまり観る気がしないかもしれません。
私は、10分以上の動画をほとんど観ません(自分では、そのくらいの長さのものを作ったりするのですが(笑))。
その点、本ですと、自分のペースで読めるので、少しくらい長くても、また細かい説明があっても、読み切ることができます。


この度、斎藤瑞穂氏が3冊目の本を出しました!

『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle 版)という本です。
オープンパス・メソッド(R)で用いる筋膜リリースのエッセンスが、めいっぱい詰め込まれています。
1200円で、かなりお得な内容となっています。
筋膜リリースに興味をお持ちの方には、ご購入をお勧めします!

以下、著者の言葉です。
「この本を手に取ってくださった皆さんが本書を読み終えた後は、『施術者としての意識』に変革が生まれ、一気に『初心者から上級者』になるためのコツや心がけをふんだんに掲載しました。簡単な言葉で、読み進めるごとに知識が蓄積される構成になっています」

2018年02月10日

大腰筋に到達し、筋膜リリース

大腰筋の人気が高いので、再び大腰筋に関する動画です。
少し前に、大腰筋に関する別の動画をアップしたばかりですが。

触察のセミナーでも筋膜リリースのセミナーでも、大腰筋を対象に開催すると、お問い合わせとご応募の人数が明らかに増えます。

オープンパスでは、大腰筋の人気が高いので・・・というか、必要とされていると判断して、セミナーなどでこの筋肉に関して繰り返しお伝えしています。
結果として、大腰筋に関する動画が多くなるわけです。

下の動画では、大腰筋に到達するまでの手順と、筋膜リリースの方法をお伝えしています。




**************************

◇2月16日、カンタン!深部−筋膜リリース講座 第2回が開催されます。筋膜リリースに興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください。
カンタン!筋膜リリース講座(全6回)の情報はこちらです。

◇2月18日、パルペーション・インテンシブセミナー 第3回が開催されます。触察に興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください。

◇2月23日、筋膜リリース復習会が開催されます。参加費無料ですので、気軽にご参加ください。


2018年02月09日

小円筋と菱形筋を捉えやすくする方法

動画は、よみうりカルチャー恵比寿(注)主催「気軽にできるボディワーク講座」の1場面です。

(注)現在では、オープンパス主催のシリーズ講座「カンタン!筋膜リリース」として開催しています。

触察を行うのにも、筋膜リリースを行うのにも、難しく思っていたことが、ちょっとしたことで簡単にできるようになります。
カルチャー講座では、そんな「ちょっとしたこと」をお伝えしていました。

動画では、小円筋と菱形筋を捉えやすくするために、腕を使って肩甲骨の位置を変える方法をお伝えしています。




**************************

◇2月16日、カンタン!深部−筋膜リリース講座 第2回が開催されます。筋膜リリースに興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください。
カンタン!筋膜リリース講座(全6回)の情報はこちらです。

◇2月18日、パルペーション・インテンシブセミナー 第3回が開催されます。触察に興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください。

◇2月23日、筋膜リリース復習会が開催されます。参加費無料ですので、気軽にご参加ください。


2018年02月06日

関節に対する働きかけ

関節に対する働きかけは様々ありますが、動画では、数秒で簡単にできる方法をお伝えしています。
1つは関節に遊びを作る方法、もう1つは関節を安定させる方法です。
両者の働きかけは正反対に思えますが、どちらの方法も有効です。
ただし、安定させる方法の場合には、少し注意が必要です(動画の中で説明しています)。

対象とする関節の形状を知っていると、より有効な働きかけが可能ですし、痛みの解消などにも応用できます。
解剖学の知識はやはり大切だと思います。




**************************

◇2月16日、カンタン!深部−筋膜リリース講座 第2回が開催されます。筋膜リリースに興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください。
カンタン!筋膜リリース講座(全6回)の情報はこちらです。

◇2月18日、パルペーション・インテンシブセミナー 第3回が開催されます。触察に興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください。

◇2月23日、筋膜リリース復習会が開催されます。参加費無料ですので、気軽にご参加ください。


2018年02月03日

触察セミナー初回、靭帯、動脈、神経の触察を指導

パルペーション・インテンシブセミナー 基本練習 第3弾は、骨、腱に続いて、靭帯、動脈、神経(注)の触察実習です。
動画では、鼠径靭帯、腹大動脈、坐骨神経の触察方法をデモンストレーションにてお伝えしています。
3者のうち鼠径靭帯は難なく触察できるでしょうが、腹大動脈、坐骨神経に関しては難度が高く、繰り返し練習する必要があるかもしれません。

(注)パルペーション・インテンシブセミナーでは、個々の筋肉を触察する際にも、これらは指標として(あるいは避ける対象として、意図的に)触察します。



**************************

◇2月16日、カンタン!深部−筋膜リリース講座 第2回が開催されます。筋膜リリースに興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください。
カンタン!筋膜リリース講座(全6回)の情報はこちらです。

◇2月18日、パルペーション・インテンシブセミナー 第3回が開催されます。触察に興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください。

◇2月23日、筋膜リリース復習会が開催されます。参加費無料ですので、気軽にご参加ください。