2018年04月08日

筋膜リリースの手技ツールについて

動画では、カンタン!筋膜リリース講座 第2回にて、筋膜リリースの手技ツールについて説明しています。

手技ツール(手指、手掌、指関節、拳、前腕、肘など)は、対象とする部位に合わせて選択すると効果的です。
斎藤講師が、どの部位にどの手技が合うのかを説明した後、デモンストレーションによって、脚の後面に対して手掌を使う方法をお伝えしています。




**************************

新講座「筋膜リリース コツのコツ」がスタートします。参加者募集中です! 斎藤瑞穂著『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)をベースに筋膜リリースをお伝えします。

斎藤瑞穂氏3作目の著書である『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

2018年04月07日

「マントラ」を唱える

動画では、第2期インテグレーティブワーカー養成トレーニング第8回にて、疼痛解消のデモンストレーションを行っています。背部の疼痛を素早く解消しています。

このときにはまだ、受講生に皆さんにお伝えしていなかったのですが、LRテクニックの「マスターキー」を使っています。
現代物理学に基づいた方法ですが、後ほど、皆さんに種明かしをすると、大ウケでした。笑いがとれました。笑
「思考」を使うのですが、ちょっとした「マントラ」を唱えます。




**************************

新講座「筋膜リリース コツのコツ」がスタートします。参加者募集中です! 斎藤瑞穂著『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)をベースに筋膜リリースをお伝えします。

斎藤瑞穂氏3作目の著書である『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

2018年04月06日

エンドフィールの捉え方

「カンタン!筋膜リリース講座 第2回」にて、斎藤瑞穂講師がエンドフィールを捉える練習をリードしています。
筋膜を触察できて、筋膜リリースができても、エンドフィールを捉えることは、なかなか難しかったりします。

動画では斎藤講師が、筋膜リリースの手順、加圧の仕方などを確認しながら、エンドフィールの捉え方を丁寧にお伝えしています。




**************************

新講座「筋膜リリース コツのコツ」がスタートします。参加者募集中です! 斎藤瑞穂著『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)をベースに筋膜リリースをお伝えします。

斎藤瑞穂氏3作目の著書である『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

2018年04月05日

LRテクニックによる頭蓋操作

動画(3本の連続動画の1本目です)では、第2期インテグレーティブワーカー養成トレーニング第7回にて、LRテクニックを用いて頭蓋操作のデモンストレーションを行っています。
本動画では、側頭骨に働きかけて、頭蓋全体のバランスを整えようとしています。
指腹を用いて、膜の引張感・捻じれ感、縫合の詰まり感・ズレ感・乗り上げ感(僅かな変位を拡大し、こうした情報として捉えます)などを感得しながら、働きかけます。




**************************

新講座「筋膜リリース コツのコツ」がスタートします。参加者募集中です! 斎藤瑞穂著『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)をベースに筋膜リリースをお伝えします。

斎藤瑞穂氏3作目の著書である『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

2018年04月03日

筋膜の触察法

動画では、「カンタン!筋膜リリース講座 第2回」にて、斎藤瑞穂講師が受講生の皆さんに筋膜の触察法をお伝えしています。
衣服(布の「皮」と捉えます)を介して、表皮→真皮→脂肪層→筋膜と手指を沈めていく方法、そして、筋膜の層に手指が到達しているか否かを調べるための筋膜の引っ張り合いなどを、皆さんに紹介しています。
こうしたことを通して次第に触察力を上げ、筋膜リリース・テクニックを身につけていきます。




**************************

新講座「筋膜リリース コツのコツ」がスタートします。参加者募集中です! 斎藤瑞穂著『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)をベースに筋膜リリースをお伝えします。

斎藤瑞穂氏3作目の著書である『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

◇4月6日開催「カンタン!深部−筋膜リリース講座 第5回」参加者募集中です!

2018年04月02日

遠隔操作

動画では、第2期インテグレーティブワーカー養成トレーニング第8回にて、LRテクニックのデモンストレーションを行っています。
上部肋骨に働きかけることで、胸郭の形状を変え、重心を移動させています。
こうした遠隔操作(遠い部位に働きかけて変化を起こす)は、LRテクニックが得意とするところです。
これは、骨格の連動性と膜の張力との調整によって起こる、全身の繋がりを追うことによって可能となります。




**************************

斎藤瑞穂氏3作目の著書である『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

◇4月6日開催「カンタン!深部−筋膜リリース講座 第5回」参加者募集中です!

新講座「筋膜リリース コツのコツ」がスタートします。参加者募集中です! 斎藤瑞穂著『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)をベースに筋膜リリースをお伝えします。

2018年04月01日

大腿部から足部の背面に対する筋膜リリース

動画では、よみうりカルチャー恵比寿主催「気軽にできるボディワーク講座」にて、斎藤瑞穂講師が、大腿部から足部の背面に対して筋膜リリースのデモンストレーションを行っています。
細かいコツについても説明しています。
詳しくは、斎藤講師の新著『筋膜リリース コツのコツ』に記載されていますので、そちらも参考にしてください。




**************************

斎藤瑞穂氏3作目の著書である『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

◇4月6日開催「カンタン!深部−筋膜リリース講座 第5回」参加者募集中です!

新講座「筋膜リリース コツのコツ」がスタートします。参加者募集中です! 斎藤瑞穂著『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)をベースに筋膜リリースをお伝えします。

2018年03月28日

LRテクニックは、リラクゼーション向きではない?

動画では、第2期インテグレーティブワーカー養成トレーニング第6回にて、LRテクニックを用いて、頸部の疼痛解消のデモンストレーションを行っています。

LRテクニックでは、疼痛解消を行う際に、姿勢や肢位を調整することで、膜の張力を変えますが、そうすると、痛みがあるはずの部位が無感覚になります。気持ちよさもありません。
痛みは簡単に取れるのですが、気持ちよくないので、LRテクニックはリラクゼーション向きではないという声が・・・




**************************

斎藤瑞穂氏3作目の著書である『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

2018年03月27日

衣服の扱い、タオルワークなど/対象は「個人」

第2期インテグレーティブワーカー養成トレーニング第4回の授業風景。
斎藤瑞穂講師がクライアントの衣服の扱い方、およびタオルワークについて説明しています。
筋膜リリースを行うときにも、他の施術のときにも、これが上手くできているか否かで、結果がだいぶ異なってきます。

特に、「個人」に対するケアができていないと、手技が上手くでも、良い結果は出ません。
手技は身体部位、身体組織に対して使いますが、対象は「個人」であることを忘れずに!




**************************

斎藤瑞穂氏3作目の著書である『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。

2018年03月25日

突発的な足部の違和感に対処/LRテクニックを用いて

第2期インテグレーティブワーカー養成トレーニング第1回にて、座学の後、受講生さんが足部に違和感を感じ、立ち上がれなくなってしまいました。
触れさせていただくと、かなりの圧痛と、足根骨に歪みがあったので、LRテクニックを用いて対処しました。
痛みも歪みも解消し、立ち上がることができました。




**************************

斎藤瑞穂氏3作目の著書である『筋膜リリース コツのコツ』(Kindle版)は、ボディワーク初心者の方にも、プロで活躍されている方にも、筋膜リリースの実践的な参考書としてお勧めです。