2018年02月12日

ご予約/個人セッション情報(2018年2月14日21時現在)

【個人セッションのメニュー】

◆オープンパス・メソッド(内容、回数、応相談) 13000円/90分(* オープンパス・メソッド・ボディワーカーの場合 11000円/90分)
◆シン・インテグレーション 13000円/90分(基本10セッション、トライアル・セッション、メンテナンス・セッション、ポスト10セッション)
◆クラニオセイクラル・ワーク 9000円/60分


【場所】

西新宿(オープンパスメソッド身体教育研究所/最寄駅:大江戸線 都庁前駅、京王新線 初台駅、JR 新宿駅)
* 詳しくは、ご予約が決まりました後にお知らせいたします。


【ご予約可能な日時枠】

(2018年)
4月4日(水)11:00〜12:30
4月13日(金)13:30〜15:00
4月18日(水)13:30〜15:00


【ご予約方法】

ご予約お申込みは、必要事項をご記入の上、http://openpath.sakura.ne.jp/contact/contact.php にお願いいたします。
「内容」には、「小川個人セッション予約」とご明記の上、ボディワーク・セッションを希望される理由・目的をご記入ください。
* 3日以上、小川もしくは他スタッフから返信がない場合、ご送信くださったメールが届いていない場合がありますので、再度ご連絡いただければ幸いです。


**************************

◇2月18日、パルペーション・インテンシブセミナー 第3回が開催されます。触察に興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください。

◇2月23日、筋膜リリース復習会が開催されます。参加費無料ですので、気軽にご参加ください。


2018年02月11日

2018年02月10日のつぶやき



posted by baucafe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇ツイート

2018年02月10日

大腰筋に到達し、筋膜リリース

大腰筋の人気が高いので、再び大腰筋に関する動画です。
少し前に、大腰筋に関する別の動画をアップしたばかりですが。

触察のセミナーでも筋膜リリースのセミナーでも、大腰筋を対象に開催すると、お問い合わせとご応募の人数が明らかに増えます。

オープンパスでは、大腰筋の人気が高いので・・・というか、必要とされていると判断して、セミナーなどでこの筋肉に関して繰り返しお伝えしています。
結果として、大腰筋に関する動画が多くなるわけです。

下の動画では、大腰筋に到達するまでの手順と、筋膜リリースの方法をお伝えしています。




**************************

◇2月16日、カンタン!深部−筋膜リリース講座 第2回が開催されます。筋膜リリースに興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください。
カンタン!筋膜リリース講座(全6回)の情報はこちらです。

◇2月18日、パルペーション・インテンシブセミナー 第3回が開催されます。触察に興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください。

◇2月23日、筋膜リリース復習会が開催されます。参加費無料ですので、気軽にご参加ください。


2018年02月09日

小円筋と菱形筋を捉えやすくする方法

動画は、よみうりカルチャー恵比寿(注)主催「気軽にできるボディワーク講座」の1場面です。

(注)現在では、オープンパス主催のシリーズ講座「カンタン!筋膜リリース」として開催しています。

触察を行うのにも、筋膜リリースを行うのにも、難しく思っていたことが、ちょっとしたことで簡単にできるようになります。
カルチャー講座では、そんな「ちょっとしたこと」をお伝えしていました。

動画では、小円筋と菱形筋を捉えやすくするために、腕を使って肩甲骨の位置を変える方法をお伝えしています。




**************************

◇2月16日、カンタン!深部−筋膜リリース講座 第2回が開催されます。筋膜リリースに興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください。
カンタン!筋膜リリース講座(全6回)の情報はこちらです。

◇2月18日、パルペーション・インテンシブセミナー 第3回が開催されます。触察に興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください。

◇2月23日、筋膜リリース復習会が開催されます。参加費無料ですので、気軽にご参加ください。


2018年02月08日のつぶやき



posted by baucafe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇ツイート

2018年02月08日

触察の鉄則

 感じることだけを感じ、
 感じないことを感じようとしてはならない。

これは、オープンパス・メソッド式「触察法の鉄則」です。

では、感じないことを感じようとすると、どうなるのでしょう?
1つは、指先で感じる、当たり前の感覚から離れて、私たちは自分の考え(「こう感じるにちがいない」「こう感じなければならない」)の深みに落ちていきます。
これを「魔境に落ちる触察法」とでも言いましょうか。(笑)

もう1つは、相手の身体を無暗に探り、手指が身体の表面を上滑りするだけとなります。
触察される側は、かなりの不快感を味わいます。
これを「嫌がらせ触察法」あるいは「セクハラ触察法」と言わせてください。
相手は身体を緊張させ、触察はより困難になるでしょう。

私たちは、指標(触察対象を見つけるための骨指標など)の辺りに手を置いて、感じることだけを感じればよいのです。
心が焦ったり騒いだりして、感覚に注意が向かなければ、落ち着いて緊張を解き、感覚に注意を戻すことです。
感覚に留意して待つのです。
感じようとして幻覚(幻触)したり、感じようとして無駄に探索したりは厳禁です。


**************************

◇2月16日、カンタン!深部−筋膜リリース講座 第2回が開催されます。筋膜リリースに興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください。
カンタン!筋膜リリース講座(全6回)の情報はこちらです。

◇2月18日、パルペーション・インテンシブセミナー 第3回が開催されます。触察に興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください。

◇2月23日、筋膜リリース復習会が開催されます。参加費無料ですので、気軽にご参加ください。


posted by baucafe at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇徒然日記

2018年02月07日のつぶやき




posted by baucafe at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇ツイート